パシアンス・エスカリエの肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パシアンス・エスカリエの肖像、1888年、油彩、69×56cm、ニアルコス・コレクションか

パシアンス・エスカリエの肖像とは、1888年8月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。

モデルとなったパシアンス・エスカリエはアルル近郊の農夫である。彼をモデルにした絵は複数が認められている。

最初に描かれた作品、青色の壁を背に手はおろして見えない構図の作品はアメリカパサデナノートン・サイモン美術館に収蔵されている。

次に描かれた作品、オレンジ色の壁を背に杖(鍬か?)を手にした構図の作品は個人蔵。(画集や名鑑ではギリシャの富豪スタブロス・ニアルコスのコレクションであったと記載されることがあるが、ニアルコス家では現在もコレクションであるかは公表していない。)