花咲くアーモンドの木の枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『花咲くアーモンドの木の枝』
英語: Almond Blossom
Vincent van Gogh - Almond blossom - Google Art Project.jpg
作者 フィンセント・ファン・ゴッホ (F671, JH1891)
製作年 1890年2月
種類 油彩キャンバス
寸法 73.3 cm × 92.4 cm (28.9 in × 36.4 in)
所蔵 ゴッホ美術館アムステルダム
所有者 ゴッホ財団

『花咲くアーモンドの木の枝』(はなさくアーモンドのきのえだ)は、フィンセント・ファン・ゴッホ1890年に制作した油絵。

ゴッホが南フランス・サン=レミ=ド=プロヴァンスの精神病院で療養していた時、パリに住んでいた弟テオに子(フィンセント・ウィレム)が生まれたのを祝って制作した作品である。

制作[編集]

1890年1月31日、テオと妻ヨーとの間に長男が生まれると、テオは兄に手紙でそのことを知らせ、名前をフィンセントにしようと思っていることを伝えた。ゴッホは折り返し「今日、吉報を受け取って、言葉で表せないほど嬉しい」という手紙を送っている[1]

ゴッホは、2月19日に母アンナに宛てて書いた手紙の中で、「その子のために、すぐ青い空を背景に、白い花をつけたアーモンドの木の枝の絵を描き始めました」と報告している[2][3]

3月17日頃テオに宛てて書いた手紙の中では、「花咲く木の枝のキャンバス」が会心の作であることを伝えている[4]

ゴッホは、4月29日にこの絵を他の絵とともにテオに送り、テオは5月3日の手紙で、絵が届いたことを伝えている[5]

ゴッホは、テオとヨーの寝室にこの絵を掛けてほしいと思っていたが、2人はリビングのピアノの上に飾ることとした[6]

鑑賞[編集]

ゴッホは、新しい生命の象徴として、アーモンドの木の枝を選んだ。南フランスでは2月に早くも花を咲かせる木である。主題や、はっきりした輪郭線、画面の中での木の配置などは、日本の浮世絵の影響が見られる。花の色は、もとはピンク色が強かったが、光線にさらされて褪色し、より白っぽくなっている[6]

来歴[編集]

テオの死後はヨー、その死後は息子フィンセント・ウィレムに受け継がれ、現在、アムステルダムゴッホ美術館に収蔵されている。

ゴッホが書いたその他のアーモンド[編集]

アーモンド以外の花の絵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 二見 (2010: 258)。
  2. ^ 二見 (2010: 260)。
  3. ^ フィンセントより母アンナ宛書簡855(1890年6月5日、サン=レミ、CL: 627)。
  4. ^ フィンセントよりテオ宛書簡857(1890年3月17日頃、サン=レミ、CL: 628)。
  5. ^ テオよりフィンセント宛書簡867(1890年5月3日、パリ、CL: T33)。
  6. ^ a b Almond Blossom”. Van Gogh Museum. 2015年11月23日閲覧。

参考文献[編集]