徳田白楊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

徳田 白楊 (とくだ はくよう、本名:森下文夫、1911年5月28日 - 1933年1月19日)は、昭和初期のアララギ派歌人である。アララギ派の天才と呼ばれ、将来を有望されていた歌人。

1911年(明治44年)5月28日、大分県大野郡上緒方村(現豊後大野市緒方町)に生まれる。

病弱で21年間の殆どを病と闘ったのではないかと思われるほど病む日の歌が多い。1933年(昭和8年)1月19日、21歳にて死去[1]

緒方町の隣町、竹田市豊後竹田駅前には、白楊歌碑が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ おおいた情報大事典 美しい心の歌〜徳田白楊〜 - OAB大分朝日放送