影井秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

影井 秀(かげい しゅう、1983年5月6日 - )は、日本事業家作家及びタレント東大コーチ株式会社代表。大学受験における自伝小説を掲載したホームページ「東大コーチ」を持つ。コーチングを受験勉強に応用したと自称するプログラムを開発し、ドラゴン桜に象徴される東大受験ブームに乗り、2005年尾関茂雄と共同で東大コーチ株式会社を設立。

来歴・人物[編集]

メディア[編集]

テレビ[編集]

「東大コーチ」として、芸能人が1年間かけて東大合格に挑むプロジェクト「芸能人こそ東大へ行け!」に協力する。しかし、参加者の全員が一次試験(センター試験)の足切りにより、二次試験(東京大学本試験)の受験が出来ないという結果となり、企画は終了した。影井自身は、ブログ(2007年6月2日付)の中で「去年のテレビ東京豪腕コーチングの東大受験では完敗でした」と報告している。

ラジオ[編集]

その他[編集]

著作[編集]

  • 「東大コーチ。―僕を君のポケットの中に―」(2004年12月、スターツ出版
  • 「コーチ!おしえて…―未来はきみの手のひらの中に―」(2005年5月、ゴマブックス
  • 「100人のチカラ」(2005年10月、扶桑社
  • 「あっというまに天才だ!」(2005年10月、ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 「あっというまに東大だ!」(2005年12月、ディスカヴァー・トゥエンティワン)
  • 「サプライズな合格術―書き込む『東大コーチ』」(2006年1月、ゴマブックス)
  • 「英語台本―『東大コーチ』影井秀の英単語記憶」(2006年11月、旺文社)

外部リンク[編集]