弦楽四重奏曲第19番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第19番ハ長調K.465不協和音』は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによって、1785年に作曲された。ハイドン・セット全6曲中最終曲。第一楽章の冒頭22小節に、きわめて大胆な和声効果をもつ序奏がおかれていることから『不協和音』の愛称で知られるが、序奏以外はモーツァルトらしい明快な曲で、室内楽の中でも屈指の名作の一つ。

曲の構成[編集]

  • 第一楽章 Adagio - Allegro
    冒頭22小節に、極めて大胆な和声効果を持つ序奏が置かれている。チェロはハ、ヴィオラは変イ、第2ヴァイオリンは変ホ、第1ヴァイオリンはイの音で開始する。これをモーツァルトや写譜職人の誤記と真剣に思った人すらいる。
  • 第二楽章 Andante cantabile
  • 第三楽章 Menuetto
  • 第四楽章 Allegro
演奏時間約30分

編成[編集]

外部リンク[編集]

音楽を「考える」 (ちくまプリマー新書 58) (新書)茂木健一郎 ISBN-10: 4480687602