弦楽四重奏曲第1番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第1番 ト長調 ローディ K.80(73f)は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが14歳の時に作曲した初期の弦楽四重奏曲

概要[編集]

1770年1769年とも)の3月15日にイタリアローディ(ロディとも)で作曲され、自筆譜には「1770年3月15日の夜の7時、ローディにて」とイタリア語で書かれている。1回目のイタリア旅行の際にミラノからボローニャに向かう途中、その夜に到着したローディというの宿屋で、モーツァルトはこの弦楽四重奏曲第1番を作曲し、最初の3楽章を書き上げて清書した。しかしモーツァルトは、3楽章を書き上げたあとそのまま作曲を一時中断し、それから間もなくボローニャに到着したあとはローマナポリまで足を伸ばした。そして再びミラノに戻ってオペラを上演し、1年後には故郷に帰るのであったが、旅行中モーツァルトはまだ書きかけの弦楽四重奏曲第1番に着手しようとしなかった。モーツァルトが終楽章を書き上げたのは、3年の月日が流れた1773年ウィーン(または1774年ザルツブルクとも)になってからのことだった。

モーツァルトはこの作品の出来栄えには自信があったらしく、1778年パリ旅行の際には、一緒に携行していたという。

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約15分。なお、全楽章がト長調で書かれている(ただしトリオはハ長調)。

  • 第1楽章 アダージョ
  • 第2楽章 アレグロ
  • 第3楽章 メヌエット-トリオ
  • 第4楽章 ロンドー.アレグロ