弦楽四重奏曲第21番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第21番ニ長調プロシャ王第1番』K.575は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した弦楽四重奏曲。「プロシャ王セット」の1曲目にあたる。

概要[編集]

1786年弦楽四重奏曲第20番K.499『ホフマイスター』を書いた後、モーツァルトはしばらくの間、このジャンルに取り組まなかった。1789年の4月の2ヶ月間、パトロンの一人だったカール・アロイス・フォン・リヒノフスキー侯爵と一緒にドイツ旅行をした際、ベルリン宮廷で御前演奏を行い、プロイセン(プロシャ)国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世より弦楽四重奏曲6曲と王女のためにピアノソナタ6曲の作曲を依頼される。ウィーンに戻って早々、モーツァルトはK.575を書き上げ、次の作品にも取りかかるが、一時中断し、約1年の歳月が流れた。翌1790年、この仕事に再び取りかかるものの、結局2つの作品(第22番K.589第23番K.590)を完成させただけで、注文の6曲に至ることはなかった。これらの3曲が死後出版され、のちに「プロシャ王四重奏曲」と呼ばれるようになった。

K.575は1789年の6月4日にウィーンで作曲された。曲は全体にチェロを配慮している点が大きな特徴となっている。

構成[編集]

全4楽章構成で、演奏時間は約23分。

  • 第1楽章 アレグレット ニ長調、2分の2拍子。
    ソナタ形式。冒頭主題は、初期の弦楽四重奏曲(「ミラノ四重奏曲」第1番)との類似が指摘されるほどシンプルである。
  • 第2楽章 アンダンテ イ長調、4分の3拍子。
    二部形式。モーツァルトがかつて作曲した歌曲すみれ」を想起させる旋律を使用していることで知られている。モーツァルトの晩年独自の平穏さを感じさせる楽章である。
  • 第3楽章 メヌエット、アレグレット ニ長調、4分の3拍子。
    明るく快活なメヌエット楽章。メヌエット、トリオの2部構成で、それぞれの部分が反復記号で繰り返される形になっている。
  • 第4楽章 アレグレット ニ長調、2分の2拍子。
    ロンド形式。かなり変形された自由なロンド形式で書かれている。

外部リンク[編集]