広瀬城 (飛騨国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
広瀬城
岐阜県
城郭構造 山城
築城主 広瀬利治
築城年 不明
主な改修者 広瀬氏
遺構 土塁
指定文化財 1970年(昭和45年)県史跡指定
位置 北緯36度12分1秒
東経137度13分12秒

広瀬城(ひろせじょう)は岐阜県高山市国府町日本の城

城跡は1970年昭和45年)8月11日付けにて岐阜県史跡に指定されている[1]

概要[編集]

室町時代広瀬利治が築城したとされ、広瀬氏の本拠地であった。

飛州志』では、藤原利仁将軍の末裔、広瀬左近将監利治が、広瀬山崎の城から当城を築いて移り、その後さらに高堂城を築いて移った、と記している。

特徴的な遺構としては、主郭西側の大堀切、西の郭の周辺の見られる畝状空堀がある。 特に畝状空堀は明瞭な形で現存しており、観察しやすい。また、この畝状空堀は、城の北側と尾根の西面とにだけ掘られており、防御すべき正面を意識した配置となっている。

なお、当城の大手道の傍らには、田中筑前守の墓碑が残る。

城主[編集]

  • 広瀬常登入道
  • 広瀬美作入道徳静
  • 広瀬左近将監利治
  • 広瀬山城守宗域
  • 広瀬兵庫頭宗直

一族・郎党[編集]

  • 広瀬介之進
  • 広瀬織部
  • 田中予三左エ門(城代)
  • 田中与一
  • 磯村長十郎

所在地[編集]

岐阜県高山市国府町大字名張・大字瓜巣

脚注[編集]

  1. ^ 広瀬城跡附田中筑前守墓碑”. 岐阜県. 2016年2月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 国府の山城研究会編『飛騨国府 戦国の山城フォーラム:国府の山城の謎に迫る!:資料集』(国府の山城研究会,平成24年7月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]