高堂城 (飛騨国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
高堂城
岐阜県
別名 タカウドの城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 広瀬利治?
築城年 寛正3年(1462年)頃?、天文年間(1532年〜1555年)?
主な城主 [広瀬氏、姉小路氏
廃城年 不明
遺構 曲輪石垣
指定文化財 県指定史跡[1]
再建造物 なし
位置 北緯36度11分44.3秒
東経137度12分05.1秒
座標: 北緯36度11分44.3秒 東経137度12分05.1秒
地図
高堂城の位置(岐阜県内)
高堂城
高堂城

高堂城(たかどうじょう)は、飛騨国、現在の岐阜県高山市国府町瓜巣城山にあった日本の城山城)。別名・タカウドの城。高山市北部に位置し、広瀬城から寺洞砦に続く東西方向の稜線の、更に奥にある詰城である。岐阜県指定史跡[1]

概要[編集]

天文年間(1532年〜1555年)に広瀬左近将監利治によって築かれたといわれるが、それ以前の寛正3年(1462年)頃の築城とも考えられている。

天正11年(1583年)広瀬宗域鍋山顕綱と謀をしたとして姉小路頼綱に攻められ落城。その後頼綱は隠居して高堂城と広瀬城を居城とした。

飛騨征伐により、金森長近の軍が攻めてきて攻城戦が行われた。朝廷の命により姉小路頼綱は投降。後に廃城となった。

城郭[編集]

城跡瓜巣川の北岸にある標高778メートルの山頂にある。主郭は山頂にあり、西、北、東の三方向に伸びる尾根にも曲輪がある。四面は断崖の山で囲まれている。東尾根を降った所には馬止場がある。主郭の西側から南へ伸びた尾根の南端に堀切があり、尾根を降った辺りには広瀬氏の居館がある。

城の総長が南の出丸より北宇津江まで1キロメートルにも及ぶ広大な縄張りの城である。高堂城と広瀬城を合わせると大城郭である。石垣石積)・郭(曲輪)・切岸土塁狼煙台物見台跡が遺っている。

岐阜県指定史跡であり、石碑、説明板が設置されている。城址標柱が建てられ、ステンレス製のの裏に、説明文とQRコードが記されている。

高堂城の峰続きに、寺洞砦Ⅰ・寺洞砦Ⅱ・蓬ヶ洞砦Ⅰ・蓬ヶ洞砦Ⅱ・オトシ砦が続き、出城として広瀬城がある。

商品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「高堂城跡」岐阜県公式HP

参考文献[編集]

  • 宮坂武男『信濃をめぐる境目の山城と館 ―美濃・飛騨・三河・遠江編-』(戎光祥出版、2015年)pp.254-8
  • 森本一雄『飛騨の城』(郷土出版社、1987年)
  • 小島幸男『図説飛騨の歴史』(郷土出版社、1987年)
  • 飛騨教育史学研究会『ひだびとのあしあと』(岐阜新聞社、1999年)
  • 『飛州志』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]