平垣内久隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平垣内 久隆(ひらごうち ひさたか、1962年5月2日 - )は、日本の国土交通官僚国土交通省大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官等を経て、内閣府総合海洋政策推進事務局長。

人物・経歴[編集]

広島県広島市出身。修道高等学校を経て[1]、1985年東京大学法学部公法学科卒業、運輸省入省。2000年鹿児島県警察本部警務部長。2005年国際観光振興機構ニューヨーク観光宣伝事務所長。2008年国土交通省大臣官房参事官鉄道担当)。2009年国土交通省航空局監理部国際航空課長。2011年国土交通省航空局航空ネットワーク部航空ネットワーク企画課長[2]

2012年国土交通省大臣官房参事官(会計担当)。2013年国土交通省大臣官房会計課長。2014年国土交通省航空局航空ネットワーク部長。2015年国土交通省大臣官房審議官(航空局(国際)担当)[2]。2016年から国土交通省航空局次長として[3]森友学園問題での国会答弁などを担当した[4]

2017年内閣官房内閣審議官兼内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局企画・推進統括官[5]。2018年国土交通省大臣官房危機管理・運輸安全政策審議官[6]。2019年7月9日内閣府総合海洋政策推進事務局長[7][8]。同年開かれた第1回日仏包括的海洋対話では日本側共同議長を務め、海洋分野での日仏交流の促進などにあたった[9]2020年8月1日、退官[10]。同年11月三井住友海上火災保険顧問[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「毎日フォーラム・霞が関ふるさと記:広島県(下)」毎日フォーラム(2017年11月号) p17
  2. ^ a b 「第5回 仙台空港600万人・5万トン実現サポーター会議 講師等略歴」宮城県
  3. ^ 「航空局次長に平垣内久隆氏 国交省人事」Aviation Wire 16年6月21日(航空)
  4. ^ 国有地売却 3.6億円分の工事せず 8億円値引きで森友学園 宮本岳氏追及 衆院財金委しんぶん赤旗2017年2月23日(木)
  5. ^ 人事、内閣官房日本経済新聞(2017/7/7 20:20)
  6. ^ 「人事国土交通省」毎日新聞2018年7月31日
  7. ^ "国交省人事異動(第65号)令和元年7月9日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧
  8. ^ 人事内閣府毎日新聞2019年7月3日
  9. ^ 第1回日仏包括的海洋対話の開催外務省令和元年9月13日
  10. ^ "国交省人事異動(第84号)令和2年8月1日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月29日閲覧
  11. ^ 国家公務員法第106条の25第1項等の規定に基づく国家公務員の再就職状況の報告(令和2年10月1日~同年12月31日分)令和3年3月 2 6 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局
先代:
奥田哲也
国土交通省航空ネットワーク部長
2014年 - 2015年
次代:
和田浩一
先代:
重田雅史
国土交通省航空局次長
2016年 - 2017年
次代:
和田浩一
先代:
重田雅史
内閣府総合海洋政策推進事務局長
2019年 - 2020年
次代:
一見勝之