平原春好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平原 春好(ひらはら はるよし、1933年 - )は、日本教育学者神戸大学名誉教授。 長岡市生まれ。東京大学教育学研究科大学院修士課程修了。1967年、「「帝国憲法」下における教育行政原則の成立と批判の研究」で教育学博士[1]。東京大学助手、神戸大学助教授を経て、教授。1996年、定年退官、名誉教授、工学院大学教授。のち帝京大学教授、2003年に退職。ハーバード大学共同研究員。日本教育法学会会長(1995-1997年、1999-2001年)。

著書[編集]

  • 『日本教育行政研究序説 帝国憲法下における制度と法理』東京大学出版会 1970
  • 『日本の教育課程 その法と行政』国土社 1970 国土新書
  • 『教育行政学』東京大学出版会 1993
  • 配属将校制度成立史の研究』野間教育研究所 1993

共編著[編集]

  • 『教育と福祉の権利』小川利夫,永井憲一共編 勁草書房 1972 教育法学叢書
  • 『史料教育法』神田修,寺崎昌男共編 学陽書房 1973
  • 『教育行政と教育法の理論』兼子仁,永井憲一共編 東京大学出版会 1974
  • 『教育法入門』牧柾名共編著 学陽書房 1975
  • 『図表でたどる日本の教育』海老原治善,三輪定宣共編著 ほるぷ叢書、1975
  • 『障害児の義務教育』清水寛共編 総合労働研究所 1979
  • 『教育小事典』寺崎昌男共編 学陽書房 1982
  • 『教育必携 法令と資料』室井修共編 学陽書房 1987
  • 『学校参加と権利保障 アメリカの教育行財政』編著 北樹出版 1994
  • 『教育行政学』神田修共編著 北樹出版 1996 ホーンブック
  • 『教育と教育基本法』編 勁草書房 1996
  • 『教育学』中野光共著 有斐閣 1997
  • 『教育基本法制コンメンタール 解説』責任編集 日本図書センター 1998 日本現代教育基本文献叢書
  • 『資料教育基本法50年史』鈴木英一共編 勁草書房 1998
  • 『戦後教育改革構想』寺崎昌男責任編集 小川利夫,平原企画・編集 日本図書センター 2000
  • 『現代教育法概説』室井修,土屋基規共著 学陽書房 2001
  • 『概説教育行政学』編 東京大学出版会 2009

翻訳[編集]

  • マーサ・M.マッカーシー,ネルダ・H.キャンブロン=マカベ 『アメリカ教育法 教師と生徒の権利』青木宏治共訳 三省堂 1991

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「帝国憲法」下における教育行政原則の成立と批判の研究 平原春好”. 国立国会図書館. 2012年9月3日閲覧。

参考[編集]