鈴木英一 (教育学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木英一(すずき えいいち、1932年1月2日[1] - )は、教育行政学者、名古屋大学名誉教授。

東京生まれ。東京大学教育学部大学院博士課程満期退学、北海道大学教育学部講師、助教授、名古屋大学教育学部助教授、教授、1984年「日本占領と教育改革」で名大法学博士。1994年定年退官、名誉教授[2]帝京平成大学教授。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『教育法の基礎』室井力共編 青林書院新社 基礎法律学大系 1978
  • 『現代教育行政入門』編 勁草書房 戦後日本の教育改革 1984
  • 教育基本法文献選集 1 教育基本法の制定』編 学陽書房 1977
  • 『教育基本法文献選集 別巻 資料教育基本法30年』編 学陽書房 1978
  • 『教育改革と教育行政』編 勁草書房 1995
  • 『資料教育基本法50年史』平原春好共編 勁草書房 1998

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 鈴木英一教授年譜・主要著書目録 (鈴木英一教授退官記念)名古屋大學教育學部紀要 教育学科 1994