市島徳治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
市島徳治郎

8代[1]市島 徳治郎(市島 徳次郎[1]、いちじま[2]/いちしま[3] とくじろう、1847年6月6日弘化4年4月23日[1]) - 1917年大正6年)2月26日[2])は、明治時代地主政治家銀行家貴族院多額納税者議員。族籍は新潟県平民[1]。幼名は千吉、のち宗輔と称した[3]

経歴[編集]

越後国蒲原郡天王新田(新潟県北蒲原郡天王新田、天王村中浦村、福島村、豊浦村、豊浦町を経て現新発田市)出身[3]1871年(明治4年)以降、新潟県第二十二大区小八区天王新田用掛、同県第二十二大区長、天王村長を歴任する[2]第四銀行の発起人に名を連ね、1874年(明治7年)初代頭取に就任した[3]

また、新潟県下第一の大地主であり[1]1890年(明治23年)には新潟県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[4]から1897年(明治30年)9月28日まで在任した[2]。その後は新潟銀行や新潟水電などの取締役を務めた[1]

市島家[編集]

系譜[編集]

  • 父 - 7代 徳治郎(静月)[1]
  • 母 - サト(天保2年4月 - 、小川皆五郎の長女[1]
    • 弟 - 正忠(文久元年9月 - 、須貝タツノの入夫[1]
    • 弟 - 佐藤伊左衛門(安政5年5月 - 明治41年10月、貴族院多額納税者議員)[5]
    • 妻 - ジュン(安政元年4月 - 、佐藤伊左衛門の五女[1]
      • 長男 - 亀三郎(明治6年4月 - [1]
      • 長女 - チヨ(明治9年11月 - 、牧口義矩の妻[1]
      • 次女 - レイ(明治12年11月 - 、高頭仁兵衛の妻[1]
      • 三女 - ツマ(明治15年4月 - 、保阪潤治の妻[1]
      • 次男 - 初之丞(明治26年1月 - [1]、徳治郎死後に家督相続し、徳厚と改名[6]
      • 三男 - 亀吉(明治27年7月 - [1]
      • 四女 - ミネ(明治33年6月 - [1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 人事興信所 1911, p. い119–120.
  2. ^ a b c d 衆議院、参議院 編 1960, 180頁.
  3. ^ a b c d 新潟日報事業社出版部 1984, 164頁.
  4. ^ 『官報』第2179号、明治23年10月2日。
  5. ^ 牧野利平編『越佐人物誌 上巻』野島出版、1972年、414頁。衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年、200頁。
  6. ^ 市島徳厚 - 『人事興信録』データベース、2019年11月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所 『人事興信録』 人事興信所、1911年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/779812/132 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 新潟日報事業社出版部 編 『新潟県大百科事典 復刻デスク版』 新潟日報事業社出版部、1984年。ISBN 488862139X