佐藤伊左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 伊左衛門(さとう いざえもん、1858年(安政5年3月[1]) - 1908年(明治41年)10月10日[1][注 1])は、明治時代の政治家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

越後国、のちの新潟県出身[1]。農業を営んだ[1]

1904年(明治37年)9月には新潟県多額納税者として貴族院議員に互選され、同月29日に就任したが[1][2]1908年(明治41年)10月2日に辞した[3]。間もなく食道癌により死去した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『国民過去帳 明治之巻』1089頁では10月11日没。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 衆議院、参議院 1960, 193頁.
  2. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、14頁。
  3. ^ 『官報』第7583号「帝国議会」明治41年10月3日。
  4. ^ 大植 1935, 1089頁.

参考文献[編集]