巨済 (敷設艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画 マル3計画
起工 1938年6月22日
進水 1939年6月29日
就役 1939年12月27日竣工
その後 1947年11月20日英国へ引き渡し、解体
除籍 1945年9月15日
性能諸元
排水量 基準:720トン、公試:750トン
全長 74.70m
全幅 7.85m
吃水 2.60m
機関 マン式三号ディーゼル2基2軸
3,600馬力
速力 20.0kt
航続距離 14ktで2,000
燃料 重油:35トン
乗員 74名
兵装 40mm連装機銃1基2挺
13mm連装機銃1基2挺
爆雷36個、捕獲網8組
(もしくは九三式機雷120個)

巨済(きょさい)は、日本海軍敷設艇測天型敷設艇の3番艇[1]。艇名は、当時日本統治下にあった巨済島にちなむ。

艦歴[編集]

1939年(昭和14年)12月27日東京石川島造船所にて竣工、佐世保鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時は鎮海防備隊所属で呉鎮守府の指揮下、内海での機雷、防戦網敷設などに従事。翌年より鎮海防備戦隊に復帰し同方面で活動した。

1944年3月より8月までサイパントラック方面での船団護衛、その後鎮海に戻った。同年12月23日佐世保鎮守府部隊に編入、引き続き対馬海峡方面で活動する。1945年6月横須賀に入港、以後は同方面で活動し終戦を迎えた。

1945年9月15日に除籍され復員輸送艦となった。1947年11月20日イギリスへ引き渡すが売却され、塩釜で解体された。

歴代艇長[編集]

艤装員長
  • 宇津木秀次郎 少佐:1939年8月21日[2] -

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 竣工順では3番目。仮称艦番では4番目。
  2. ^ 海軍辞令公報(部内限)第371号 昭和14年8月22日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076200 

参考文献[編集]

  • 雑誌『』編集部『写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇Ⅱ』光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0464-4
  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』朝雲新聞社、1969年。