神島 (敷設艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神島
1947年(昭和22年)の「神島」[1]。兵装は全て撤去済み。
1947年(昭和22年)の「神島」[1]。兵装は全て撤去済み。
基本情報
建造所 佐世保海軍工廠[2]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 敷設艇[2]
級名 神島型[3]
母港 横須賀[4]
艦歴
計画 昭和19年度[5][注釈 1]、戦時艦船建造補充計画(マル戦計画)[6]
起工 1945年2月20日[7][8]
進水 1945年6月12日[7]
竣工 1945年7月30日[7][8]
除籍 1945年9月15日[7]
その後 1947年10月3日ソ連へ引き渡し[7]
要目(計画)
基準排水量 766英トン[注釈 2]
公試排水量 800トン
全長 74.500m
水線長 73.300m
垂線間長 69.500m
最大幅 7.850m
水線幅 7.850m
深さ 4.600m
吃水 公試平均 2.600m
主機 艦本式23号乙8型ディーゼル 2基
推進 2軸 x 360rpm
直径1.200m、ピッチ1.750m[9]
出力 1,900馬力
速力 16.5ノット
燃料 重油:51トン
航続距離 3,000カイリ / 14ノット
乗員 94名[10]
兵装 五式40mm単装機関砲2基
25mm連装機銃3基、同単装7挺[注釈 3]
三式投射機4基、爆雷装填台2個、爆雷投下台8個
二式爆雷36個
(もしくは九三式機雷120個)
レーダー 22号電探1基、13号電探1基
ソナー 三式2型探信儀1組、九二式水中聴音機1組
要目は#海軍造船技術概要による[11]
テンプレートを表示
神島艦型図

神島(かみしま)は、日本海軍敷設艇[2]。仮称「第1801号艦」で神島型敷設艇の1番艇[12]

艦名は、片桐大自の研究によれば三重県志摩半島沖の神島からとる[13]海上自衛隊はつしま型掃海艇かみしま」に引き継がれた[13]

艦歴[編集]

艇長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 武内銈吉 大尉:1945年6月30日[21] - 1945年7月30日[22]

敷設艇長[編集]

(注)1945年12月20日以降は「艦長」[23]

  1. 武内銈吉 大尉/少佐[24]:1945年7月30日[22] - 1945年9月15日[25]、以後1945年10月17日まで艇長を置かず。
  2. 石野自彊 大尉/第二復員官/第二復員事務官/復員事務官:1945年10月17日[26] - 1947年1月7日[27]、以後1947年9月5日まで艦長を置かず。
  3. 星出隆臣 復員事務官:1947年9月5日[28] -

同型艇[編集]

  • 粟島 - 彦島(仮称艦名第1807号艦、未起工)[12]

参考文献[編集]

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0386-9
    • 片桐大自 『聯合艦隊軍艦銘銘伝<普及版> 全八六〇余隻の栄光と悲劇』 潮書房光人社、2014年4月(原著1993年)。ISBN 978-4-7698-1565-5
  • 『日本海軍護衛艦艇史』世界の艦船 1996年2月号増刊 第507集(増刊第45集)、海人社、1996年2月ISBN 4-905551-55-2
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』第3刷、原書房、1981年。ISBN 4-562-00302-2
  • COMPILED BY SHIZUO FUKUI (1947-04-25). JAPANESE NAVAL VESSELS AT THE END OF WAR. ADMINISTRATIVE DIVISION, SECOND DEMOBILIZATION BUREAU. (福井静夫/纏め『終戦時の日本海軍艦艇』第二復員局、1947年04月25日)
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』 ベストセラーズ、1994年ISBN 4-584-17054-1
  • 牧野茂福井静夫/編 『海軍造船技術概要』 今日の話題社、1987年5月ISBN 4-87565-205-4
  • 丸スペシャル No. 47 『敷設艇』(潮書房、1981年)
  • 雑誌「」編集部/編 『写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇II』 光人社、1990年9月ISBN 4-7698-0464-4

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中川努「主要艦艇艦歴表」#日本海軍全艦艇史資料篇p.30では昭和20年度計画としている。
  2. ^ #海軍造船技術概要(1987)下巻p.1715では基準排水量800トンとしている。
  3. ^ #写真日本の軍艦第14巻p.95の本文では単装機銃4挺としている一方、同書pp.94-95の表、及びp.96第6図では単装機銃7挺としている。

出典[編集]

  1. ^ #写真日本の軍艦第14巻p.112下写真
  2. ^ a b c d 昭和20年4月5日付 達第64号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070510800 
  3. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻p.664
  4. ^ a b #自S20.1.至S20.8秘海軍公報/6月(3)画像15、昭和20年6月26日付秘海軍公報第5053号、『内令第五三〇號 敷設艇 神島 右本籍ヲ横須賀鎮守府ト定メラル 昭和二十年六月十日 海軍大臣』pp.
  5. ^ #日本海軍護衛艦艇史(1996)p.94
  6. ^ #海軍造船技術概要(1987)下巻p.1536
  7. ^ a b c d e f g h i 中川努「主要艦艇艦歴表」#日本海軍全艦艇史資料篇p.30
  8. ^ a b #終戦時の日本海軍艦艇p.91
  9. ^ #海軍造船技術概要(1987)下巻pp.1714-1715
  10. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻p.667、准士官以上6名、下士官兵88名。
  11. ^ #海軍造船技術概要(1987)上巻pp.665-667
  12. ^ a b #海軍造船技術概要(1987)上巻p.664
  13. ^ a b #銘銘伝2014pp.527-528
  14. ^ 昭和20年4月5日付 内令第295号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070504600 
  15. ^ 丸スペシャル『敷設艇』、p.46。
  16. ^ #写真日本の軍艦第14巻p.110
  17. ^ 昭和20年12月1日付 第二復員省 内令第6号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070534400 
  18. ^ 昭和21年12月15日付 復員庁第二復員局 復二第459号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070541900 
  19. ^ 昭和22年10月3日付 復員庁第二復員局 復二第713号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070538900 
  20. ^ 昭和22年12月27日付 第二復員局公報 第165号ノ2』 アジア歴史資料センター Ref.C12070540900 
  21. ^ 昭和20年7月11日付 海軍辞令公報 甲 第1853号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106000 
  22. ^ a b 昭和20年9月3日付 海軍辞令公報 甲 第1903号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072107300 
  23. ^ 昭和20年12月20日付 第二復員省 内令第12号』 アジア歴史資料センター Ref.C12070534400 
  24. ^ 昭和20年9月11日付 海軍辞令公報 甲 第1908号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072107300 
  25. ^ 昭和20年9月26日付 海軍辞令公報 甲 第1929号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072107700 
  26. ^ 昭和20年11月7日付 海軍辞令公報 甲 第1974号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072108100 
  27. ^ 昭和22年1月23日付 復員庁第二復員局辞令公報 甲 第125号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072160100 
  28. ^ 昭和22年9月11日付 復員庁第二復員局辞令公報 第56号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072165900