燕 (敷設艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新造時の燕(1929年)[1]
新造時の燕(1929年)[1]
基本情報
建造所 横浜船渠[2]
運用者  大日本帝国海軍
艦種 (捕獲網艇)[3]敷設艇[4]
級名 燕型[5]
母港 佐世保[6]
艦歴
計画 大正12年度(1923年)新補充計画
起工 1928年9月17日[2]
進水 1929年4月24日[2]
竣工 1929年7月15日[2]
最期 1945年3月1日沈没[6]
除籍 1945年5月10日[6]
要目(特記無きは計画)
基準排水量 450.00英トン[5]
公試排水量 計画:510.00トン[5]
新造時:508.686トン[7]
1938年:557トン[8]
満載排水量 554.30トン[5]
全長 68.80m[5]
水線長 65.50m[5]
垂線間長 63.00m[5]
最大幅 7.20m[5]
深さ 4.50m[5]
吃水 公試平均 2.10m[5]
ボイラー ロ号艦本式混焼缶 2基[9][8]
主機 直立3段3筒レシプロ2基[9][8]
推進 2軸 x 330rpm[9]
出力 計画 2,500馬力[5]
新造時 2,605馬力[10][注釈 1]
速力 19.0ノット[5]
燃料 重油:35トン、石炭:40トン(満載)[11][8][注釈 2]
航続距離 1,200カイリ / 10ノット[5]
乗員 43名[12](戦時計画乗員81名)[11]
1938年 80名[8]
兵装 竣工時
40口径三年式8cm単装高角砲1門[13][8]
毘式13mm単装機銃1挺[13][8]
八一式爆雷投射器2基[14]
爆雷18個[11]
1944年11月
40口径三年式8cm単装高角砲1門[13][8]
25mm連装機銃1基、同単装機銃4挺[15]
八一式爆雷投射器2基[14]
爆雷36個(推定)[16]
搭載艇 6mカッター1隻、6m通船2隻[17]
ソナー 計画 OV型水中聴音装置[18]
1944年11月
九三式水中聴音機(推定)[16]
九三式または三式探信儀(推定)[16]
テンプレートを表示

(つばめ)は、日本海軍敷設艇燕型敷設艇の1番艇。艇名としては隼型水雷艇の8番艇「」に続いて2代目。

艦歴[編集]

  • 1945年(昭和20年) 2月29日 宮古島到着
    • 3月 1日 宮古港沖合いにて米軍艦載機コルセアの攻撃をうけ5時近く沈没。

機銃増備[編集]

1944年11月での「燕」は、13mm単装機銃に代わり25mm連装機銃を装備、その他25mm単装機銃は船橋前の上甲板の左右舷に1挺ずつ、煙突後方の上構上に1挺、後甲板に1挺の計4挺を増備したとされる[15]

艇長[編集]

艤装員長

同型艦[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ #軍艦基本計画資料Sheet149、機関容積の表内には2,200馬力の値もある。
  2. ^ #日本補助艦艇物語pp.384-385、#日本海軍全艦艇史主要艦艇要目表p.55では、重油:45トン、石炭:40トンになっている。また#軍艦基本計画資料Sheet17には、「鴎」新造完成の値として燃料82.3トンの値もある。

出典[編集]

  1. ^ #写真日本の軍艦第14巻p.70
  2. ^ a b c d #艦船要目公表範囲画像12
  3. ^ #海軍制度沿革巻八p.109、昭和三年六月十三日(内令一五五)。
  4. ^ #海軍制度沿革巻八p.109、昭和八年五月二十三日(内令一九〇)。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」p.2
  6. ^ a b c #写真日本の軍艦第14巻p.105、伊達久「『敷設挺・電纜敷設挺』行動年表」。
  7. ^ #軍艦基本計画資料Sheet64、昭和4年7月13日重心検査による。
  8. ^ a b c d e f g h #戦史叢書31海軍軍戦備1付表第四その二「昭和十三年三月調艦艇要目等一覧表 その二 潜水艦、水雷艇、特務艦、特務艇、新造艦船」
  9. ^ a b c 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」p.20
  10. ^ #軍艦基本計画資料Sheet152、機関重量表内、昭和4年の値
  11. ^ a b c #海軍造船技術概要pp.650-651
  12. ^ #海軍制度沿革巻十の2p.881、昭和三年九月二十二日(内令二六九)「捕獲網艇乗員標準」士官1人、特務士官2人、下士官8人、兵32人。
  13. ^ a b c 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」p.5
  14. ^ a b 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」p.8
  15. ^ a b #日本補助艦艇物語に掲載の「あ号作戦後の兵装増備の状況調査」p.363の図63、p.369の一覧表による。
  16. ^ a b c #日本海軍護衛艦艇史p.84
  17. ^ 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」p.26
  18. ^ 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」p.17
  19. ^ 『日本海軍史』第10巻、490頁。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13071989600 『昭和15年6月25日現在 10版 内令提要追録第7号原稿 > 巻1 追録/第6類 機密保護』。(艦船要目公表範囲他)
  • 『海軍制度沿革 巻八』明治百年史叢書 第180巻、海軍省/編、原書房、1971年10月(原著1941年)。
  • 『海軍制度沿革 巻十の2』明治百年史叢書 第183巻、海軍省/編、原書房、1972年4月(原著1940年)。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 『日本海軍護衛艦艇史』世界の艦船 1996年2月号増刊 第507集(増刊第45集)、海人社、1996年2月ISBN 4-905551-55-2
  • 太平洋戦争記録、「先島群島作戦(宮古編)」著者:瀬名波栄、発行所:先島戦記刊行会
  • 福井静夫 『日本補助艦艇物語』福井静夫著作集第10巻、光人社、1993年12月ISBN 4-7698-0658-2
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』 ベストセラーズ、1994年ISBN 4-584-17054-1
  • 『軍艦基本計画資料』 福田啓二/編、今日の話題社、1989年5月ISBN 4-87565-207-0
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社1969年
  • 『海軍造船技術概要』 牧野茂福井静夫/編、今日の話題社、1987年5月ISBN 4-87565-205-4
  • 写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇II』 雑誌「」編集部/編、光人社、1990年9月ISBN 4-7698-0464-4
  • 「敷設艇 一般計画要領書 附現状調査」