夏島型敷設艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏島型敷設艇
夏島
艦級概観
艦種 敷設艇
艦名 島の名
前級 燕型敷設艇
次級 測天型敷設艇
性能諸元
排水量 基準:475.8トン、公試:538.3トン
全長 73.00m
全幅 7.50m
吃水 1.954m
機関 艦本式混焼缶2基
直立三段膨張レシプロ2基2軸
2,300馬力
速力 19.0kt
航続距離 14ktで2,500
燃料 重油:19トン、石炭:44トン
乗員 94名
兵装 8cm単装高角砲2門
13mm単装機銃1挺
爆雷18個、一四式防戦網1組、四号大掃海具1組
(もしくは八九式機雷120個)

夏島型敷設艇(なつしまがたふせつてい)は、日本海軍敷設艇。同型2隻。「猿島」は準同型艇。

概要[編集]

前型の燕型敷設艇をタイプシップとしマル1計画により建造された敷設艇である。配置はほぼ前型と同一であるが、機雷120個の搭載を予定した。

那沙美」の建造中に友鶴事件が発生し、本型も艦上のアンチ・ローリング・タンクや舷側ブルワークの撤去、艦底にバラストを搭載するなどの改装を行っている。

なお「猿島」は試験的にマン式ディーゼルを主機とした準同型艇で、それ以外の主要目、兵装は夏島型とほぼ同一である。海軍の公式類別では猿島を夏島の後、かつ那沙美の前に登載しており、夏島型2番艇の扱いとしている[1][2]

大戦中は船団護衛を主な任務とし、全ての艦が戦没している。

脚注[編集]

  1. ^ 昭和7年12月10日付 海軍内令 第413号。(特務艇類別等級別表敷設艇二等ノ項中「夏島」ノ下ニ「、猿島、那沙美」ヲ加フ)
  2. ^ 昭和19年2月1日付 海軍内令 第271号。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇Ⅱ』光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0464-4

同型艇[編集]