箕面 (敷設艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
箕面
艦歴
計画 昭和十八年度戦時艦艇建造計画
マル戦計画
起工 1944年11月29日 浪速船渠
進水 1945年5月13日
就役 1945年8月5日竣工
その後 戦後復員輸送船となる、後解体
除籍 1945年10月5日
性能諸元
排水量 基準:3,224t 公試:5,200t
全長 91.7m
全幅 13.42m
吃水 5.85m
主缶 石炭専焼円缶1基
主機 蒸気タービン1基1軸 1,200hp
速力 11.0kt
航続距離 不明
乗員 110名(敷設艦としての仮定員[1]
103名(特別輸送艦としての定員[2]
兵装 12cm単装高角砲1門
25mm機銃14挺
6号機雷380個
爆雷24個
13号電探1基[3]
仮称五式一号水中聴音器1基[3]

箕面(みのお)は[4]日本海軍敷設艦[5]。戦時標準船からの改造である[5]。竣工が遅かったため実戦での活動は無く、戦後復員輸送に従事した。艦名は箕面山箕面川)に依る[4]

概要[編集]

太平洋戦争終盤となると本土決戦に備え機雷敷設艦が多数必要となったが、既にほとんどの敷設艦は戦没して大型敷設艦は「常磐」しか残っていなかった[5]。そこで戦時標準船2DT型を改造して敷設艦とすることとした[6]1944年(昭和19年)9月、まず2D型「永城丸」(東亜海運)を敷設艦に改造(昭和20年2月~3月)[5]。続いて大阪浪速船渠で建造予定の2DT型7番船(日本海軍仮称第1821号艦)と8番船(日本海軍仮称第1822号艦)を日本海軍が買収し、機雷敷設艦として改造した[6][5]。この7番船が「箕面」である[5]。ただし、当時は貨物船も絶対的に不足しており、貨物船としても使えるようにデリックハッチは残されていた[5]

1944年(昭和19年)11月29日、浪速造船所で起工[7]1945年(昭和20年)3月末の完成を予定していたが資材不足で工事が遅れ[5]5月3日に進水[7]。完成は8月5日となった[7]海上護衛総司令部部隊編入[8]。直後に終戦の日を迎えた。10月5日、除籍[7]。 戦後は復員輸送任務に従事した。復員輸送任務終了後に本艦を貨物船として再就役させようとする動きもあったが、本艦が軍艦籍にあったためにGHQから許可が下りず、やむなく解体された[5][9]

艦歴[編集]

  • 1944年11月29日 浪速船渠にて起工。
  • 1945年5月5日 「箕面(ミノオ)」と命名[10]。本籍を呉鎮守府と仮定[11]
  • 1946年12月25日 特別輸送艦の指定を解かれる[14]
  • 1947年1月 解体工事開始[3]
    • 4月 解体工事終了[3]

艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 堀口廣藏 少佐:1945年5月20日[15] - 1945年8月5日[16]

艦長[編集]

  1. 堀口廣藏[16][17] 少佐/第二復員官:1945年8月5日[16] - 1945年12月6日[17]
  2. 井上團平 第二復員官:1945年12月6日[17] - 1946年3月1日[18]
  3. 山上龜三雄 第二復員官:1946年3月1日[18] - 1946月3月7日[19]
  4. 南部伸淸 第二復員官/第二復員事務官/復員事務官:1946月3月7日[19] - 1946年12月25日[20]

同型艦、準同型艦[編集]

本艦と同様に改装された艦船。

仮称艦名第1821号艦 
箕面(本艦)
仮称艦名第1822号艦 
1945年2月1日、浪速船渠にて起工。資材調達の目処が立たず4月に工事中止[5]。戦後に工事が再開[5]1948年6月7日、乾汽船所属の乾進丸として竣工。同年10月4日、荒天のため遭難沈没[3]
永城丸 
2D型戦時標準船を用いた特設敷設艦。1944年9月呉海軍工廠にて実験的に改造。機雷敷設は1回程度に終わった。1945年6月17日、米潜水艦スペードフィッシュの雷撃により戦没[21]
光隆丸 
2E型戦時標準船を用いた特設敷設艦[5]。工事をほぼ終え竣工直前だったが1945年7月に空襲により浸水着底[5]

脚注[編集]

  1. ^ 昭和20年5月10日付 海軍内令員第918号。
  2. ^ 昭和21年2月1日付 第二復員省内令第22号。
  3. ^ a b c d e 『日本海軍特務艦船史』、p.70。
  4. ^ a b #写真日本の軍艦第14巻2頁『艦名の由来』-『箕面(みのお)―名勝名』
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m #写真日本の軍艦第14巻37-38頁『◇箕面◇』
  6. ^ a b #日本補助艦艇物語43-45頁『わが敷設艦の概要』
  7. ^ a b c d #写真日本の軍艦第14巻55頁(『敷設艦』行動年表◇箕面◇)
  8. ^ #写真日本の軍艦第14巻56頁(箕面艦首写真)
  9. ^ #写真日本の軍艦第14巻56頁(箕面右舷艦尾写真)
  10. ^ 昭和20年5月5日付 海軍大臣達 第96号。
  11. ^ 昭和20年5月5日付 海軍内令 第388号。
  12. ^ 昭和20年8月25日付 海軍内令第747号。
  13. ^ 昭和20年12月1日付 第二復員省内令第6号。
  14. ^ 昭和21年12月25日付 復員庁第二復員局 復二第493号。
  15. ^ 昭和20年6月3日付 海軍辞令公報 甲 第1817号。
  16. ^ a b c 昭和20年8月15日付 海軍辞令公報 甲 第1886号。
  17. ^ a b c 昭和21年1月7日付 第二復員省辞令公報 甲 第27号。
  18. ^ a b 昭和21年3月27日付 第二復員省辞令公報 甲 第93号。
  19. ^ a b 昭和21年3月30日付 第二復員省辞令公報 甲 第96号。
  20. ^ 昭和22年1月16日付 復員庁第二復員局辞令公報 甲 第120号。
  21. ^ 『U.S.S. Spadefish (SS-411) in World War II』、p.89。

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 増刊第47集 『日本海軍特務艦船史』(海人社、1997年)、ISBN 4-905551-59-5
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫 『福井静夫著作集第10巻 日本補助艦艇物語』 光人社、1993年12月ISBN 4-7698-0658-2
  • 雑誌「丸」編集部『丸スペシャル 日本海軍艦艇シリーズ No.42 敷設艦』(光人社、1980年)
  • 写真 日本の軍艦 第14巻 小艦艇II 敷設艦・敷設艇 特設巡洋艦 二等駆逐艦 魚雷艇・震洋艇 雑務船・内火艇 病院船他/日本海軍作戦年表』 雑誌『』編集部/編、光人社、1990年9月ISBN 4-7698-0464-4
  • Val, Jr. Scanlon 『U.S.S. Spadefish (SS-411) in World War II』(Createspace、2012年)、ISBN 978-1469983660

関連項目[編集]