川崎英明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川崎 英明(かわさき ひであき、1951年3月16日 - )は、日本の法学者関西学院大学教授。専門は刑事法日本刑法学会理事。元民主主義科学者協会法律部会理事[1]博士(法学)東北大学、1998年、学位論文「現代検察官論」)。

家族[編集]

妻は憲法学者で大阪大学法学部の一期後輩である川崎和代大阪夕陽丘学園短期大学教授)[2]

経歴[編集]

著書[編集]

単書[編集]

  • 『現代検察官論』(日本評論社、1997年)
  • 『刑事再審と証拠構造論の展開』(日本評論社、2003年)

編書[編集]

  • 『刑事弁護』(大出良知神山啓史との編著、日本評論社、1993年)
  • 『刑事弁護コンメンタール1 刑事訴訟法』(大出良知、小田中聡樹との編著、現代人文社、1998年)
  • 『盗聴法の総合的研究-「通信傍受法」と市民的自由-』(右崎正博田島泰彦との編著(奥平康弘、小田中聡樹監修)、日本評論社、2001年)
  • 『刑事司法改革と刑事訴訟法』(上巻)(下巻)(村井敏邦白取祐司との編著(奥平康弘、小田中聡樹監修)、日本評論社、2007年)
  • 『2016年改正刑事訴訟法・通信傍受法条文解析』(三島聡渕野貴生との編著、日本評論社、2017年)

共書[編集]

  • 『盗聴立法批判』(村井敏邦、小田中聡樹との共著、日本評論社、1997年)

脚注[編集]

  1. ^ 民主主義科学者協会法律部会(民科)役員名簿・第24期(2014年11月~2017年10月)
  2. ^ 川崎和代『小さな窓から見た介護』