川崎市立大戸小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎市立大戸小学校
Kawasaki City Ooto Elementary school.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 川崎市
設立年月日 1941年3月31日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中一丁目4-1
北緯35度34分51秒 東経139度38分19秒 / 北緯35.58083度 東経139.63861度 / 35.58083; 139.63861座標: 北緯35度34分51秒 東経139度38分19秒 / 北緯35.58083度 東経139.63861度 / 35.58083; 139.63861
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

川崎市立大戸小学校(かわさきしりつ おおとしょうがっこう)は、神奈川県川崎市中原区下小田中一丁目にある市立小学校

概要[編集]

本校は1941年に開校した市立の小学校である。2011年に開校70周年を迎えた。

2016年度現在の児童数は800人強であり、また校区の全域が近隣の西中原中学校の校区に含まれ、本校の卒業生の大部分が西中原中学校へ進学する。

また、川崎市内小学校でも数校しか設置されていなかった「たんぽぽ学級」という特別支援学級が昭和44年より併設されてきたが、2014年度より「川崎市立中央支援学校大戸分教室」へ移行した。これは長年たんぽぽ学級が担ってきた養護学校(現・特別支援学校)の役割を正式なものとするための措置である。[1]

これらの措置により書類上は別の学校扱いとなったが、愛称は今まで通り「たんぽぽ学級」もしくは「たんぽぽ」であり、また以前同様学校行事の共催も行われたりと、様々な交流が行われている。

なお、たんぽぽ学級の正式名称である「川崎市立中央支援学校大戸分教室」は、校内では正式な行事を除き殆ど使用されていない。

校舎・設備[編集]

校舎は2004年竣工の4階建て新校舎と、1980年頃竣工の3階建て旧校舎(たんぽぽ棟)がb字型に連結している構造となっている。[2]なお、旧校舎のたんぽぽ学級エリアには本校の児童が入る事も可能であり、本校の児童がたんぽぽ学級の児童と交流する光景もよく見られる。

この他、旧校舎の南東にプールが、新校舎の南西に1989年竣工の体育館がある。体育館と新校舎は連絡通路で結ばれている。

また、旧校舎の南側に「しし山」という人工の丘があり、児童の遊び場となっている。

名称由来は獅子の形に似てるから。

新校舎の竣工前は、3階建てのレンガ校舎が長らく使用されてきたが、新校舎の改築工事により、沢山の児童に惜しまれながら、その長い歴史に幕を下ろした。[3]

校区[編集]

沿革[編集]

  • 昭和16年(1941年)
  • 昭和26年(1951年)
    • 11月 - 創立10周年記念式典挙行、記念行事の一つとして校歌制定。同窓会設立。
  • 昭和28年(1953年)
    • 4月 - 新城小学校を分離。児童数813人、学級数17となる。
  • 昭和41年(1966年)
  • 昭和43年(1968年)
  • 昭和44年(1969年)
    • 4月 - 肢体不自由学級、重複障害学級(たんぽぽ学級)が設けられる。
  • 平成2年(1989年)
    • 3月 - 新体育館落成、校庭花壇・百葉箱・藤棚・温室を旧体育館跡地に移設。
  • 平成3年(1990年)
    • 11月 - 創立50周年記念式典挙行。記念事業として、しし山なかよしランド整備、校歌新調、校庭南側花壇2基新設、地域副読本「おおと」発行、記念文集「おおと」発行、花いっぱい活動展開。
  • 平成9年(1996年)
    • 8月 - 校長室、用務員室、印刷室移転改修工事。
  • 平成14年(2001年)
    • 11月 - 60周年おめでとう集会記念事業実施。
  • 平成17年(2004年)
    • 11月 - 新校舎落成記念式典。
  • 平成22年(2010年)
    • 11月 - 70周年記念式典。
  • 平成23年(2011年)
    • 3月31日 - 大戸小学校開校70周年。
  • 平成26年(2014年)
    • 4月1日 - たんぽぽ学級が、川崎市立中央支援学校大戸分教室へ移管される。

著名な出身[編集]

垣内宣子(1942年生まれ・画家(寄贈された絵が校内に飾られている))

近隣の学校[編集]

交通アクセス[編集]

JR南武線武蔵中原駅から徒歩3分ほどである。

なお、本校に駐車場・駐輪場は設置されていないため、コインパーキングなどを利用するか、公共交通機関を利用することをお勧めする。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川崎市立中央支援学校大戸分教室(公式サイト)
  2. ^ 2004年以前は後述のレンガ校舎と旧校舎(たんぽぽ棟)が連結していた。改築工事にあたり、レンガ校舎は取り壊しとなったが、旧校舎は比較的新しいため、新校舎竣工後は新校舎と連結し、新校舎と一体化した。なお、旧校舎は耐震性に問題はないため、補修を行う程度とし、改築は今後も行われない予定である。
  3. ^ 川崎市立大戸小学校公式ホームページ…レンガ校舎よ永遠に!(公式サイト)
  4. ^ 川崎市立大戸小学校公式ホームページ…学区地図(公式サイト)

外部リンク[編集]

川崎市立大戸小学校公式ホームページ