崔承喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
崔承喜
Choi Seung-hee repatriated from Beiping to Korea.JPG
崔承喜(右)…1946年ソウルにて
各種表記
ハングル 최승희
漢字 崔承喜
発音 チェ・スンヒ
日本語読み: さいしょうき
英語表記: Choe Seung-hui
テンプレートを表示

崔 承喜(さい しょうき[1]1911年11月24日 - 1969年8月8日?)は、第二次世界大戦前、戦中に活躍した舞踏家。戦後北朝鮮へ渡る。兄は作家崔承一、夫は北朝鮮文化省次官を務めた政治家の安漠、娘は同じく舞踏家の安聖姫

経歴[編集]

京城(現在のソウル)で両班の家に生まれる。幼いころに才能を認められ、16歳のときソウル公演に来ていたモダンダンス石井漠に師事し内地(日本本土)に渡った[2]。後に独自のスタイルを築き、日本はもとよりヨーロッパアメリカでも好評を博した。化粧品や百貨店の広告にモデルとして採用され、雑誌の企画で日本を代表する美人の一人に選ばれるなど、当所の代表的なファッションリーダーであった。ピカソジャン・コクトー川端康成等多くの文化人にも支持された。1936年にはタイヘイレコード満州国キリンレコード、日本のコロムビアレコードから『イタリアの庭』というアルバムを出している。

戦時中は日本人として支那戦線の日本軍へ慰問団の一員として慰問活動などを行っていた。戦後は夫と共に北朝鮮に移り、舞踊研究所を設立する。1951年周恩来の支持で北京に舞踊訓練班を設立し、多くの生徒を指導する。 しかし1967年「ブルジョワおよび修正主義分子」とし粛清され[3]、同年以降夫の安漠・娘の安聖姫とともに消息不明となった[4]。ところが2003年2月9日に、1969年に亡くなったこと、遺体が愛国烈士陵に葬られ墓碑に「舞踊家同盟中央委員会委員長、人民俳優」と刻まれていることが公式筋より公表され、「人民俳優」として名誉回復されたことが明らかとなった。しかし、失脚理由や死因は公式発表されておらず、公式発表の没年月日ですら正確な物なのかどうか、未だに疑問がもたれている[5]

2008年4月29日に韓国の市民団体民族問題研究所、ならびにその傘下の親日人名辞典編纂委員会より発表された親日人名辞典の第2回リストに名前が掲載されており、彼らによって親日派であると認定されている[6]。韓国左派の基準で「明白な親日舞踊家」とされる崔が北朝鮮に渡って20年以上も活躍していたため、北朝鮮が戦後に「親日」を全て処罰したとの主張は幻想だと指摘されている。1956年の8月宗派事件の時に反対派が金日成総書記に向かって「土窟の中の人民が飢えと病魔に苦しむ経済の現実」に加えて、「親日派重用」を批判したという記録や日本統治時代の技術者を独立運動家以上に優遇したという証言も記録されている。そのため、朝鮮日報は韓国内の北朝鮮政権支持者の信じる「親日派を徹底的に排除した」のは嘘と指摘している[7]

1936年ベルリンオリンピック優勝直後の孫基禎と崔承喜

出演映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本語読みでさい・しょうきとして活躍していた。
  2. ^ 萩原遼『ソウルと平壌』大月書店、1989年、p144、ISBN 4-272-21054-8 c0031
  3. ^ 『朝鮮労働党略史』朝鮮労働党出版社、1979年、p600
  4. ^ 萩原遼『ソウルと平壌』大月書店、1989年、p145、ISBN 4-272-21054-8 c0031
  5. ^ 崔承喜の姪の証言によると1975年に下放先で肝臓ガンにより死去という。立教大学アジア研究所の研究報告
  6. ^ “親日人名辞典、安益泰・崔承喜らも親日派として収録”. 東亜日報. (2008年4月30日). http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2008043051818 2009年11月9日閲覧。 
  7. ^ [1](朝鮮日報日本語版) 【コラム】北朝鮮の体制保証と「韓国並みの繁栄」は同時に可能なのか
  8. ^ 半島の舞姫新興映画「半島の舞姫」

関連項目[編集]

関連書籍[編集]