岸義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岸 義人
(きし よしと)
Yoshito Kishi 2002 2003.jpg
Yoshito Kishi (2002/03)
生誕 (1937-04-13) 1937年4月13日(80歳)
日本の旗 日本 愛知県名古屋市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 有機合成化学
天然物化学
研究機関 名古屋大学
ハーバード大学
出身校 名古屋大学
博士課程
指導学生
スチュアート・シュライバー
主な業績 パリトキシンマイトマイシンテトロドトキシンハリコンドリンB等の全合成
主な受賞歴 恩賜賞(1999年)
プロジェクト:人物伝

岸 義人(きし よしと、1937年4月13日 - )は日本アメリカ合衆国で活動している有機合成化学者[1]。専門は天然物化学。米国エーザイの副社長も務める。

人物[編集]

愛知県名古屋市出身で、戦時中に岐阜県美濃加茂市に疎開[2]岐阜県立加茂高等学校から名古屋大学理学部を卒業[1]したのち、名古屋大学農学部助教授などを経て、1974年ハーバード大学教授として招聘された[1]2009年現在ハーバード大学名誉教授。1966年 理学博士「ウミホタルルシフェリンの構造とその全合成」。 海洋産天然物の研究を行い、パリトキシンマイトマイシンテトロドトキシンハリコンドリンBなどの全合成を達成した[1]

受賞[編集]

栄典[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 中田忠「岸義人教授に文化功労者顕彰」、『有機合成化学協会誌』第59巻第12号、有機合成化学協会、2001年、 1156頁、 doi:10.5059/yukigoseikyokaishi.59.1156
  2. ^ フグ毒解明の岸氏 母校の名大で講演”. つなごう医療 中日メディカルサイト (2014年2月19日). 2017年7月22日閲覧。

関連項目[編集]