岸川均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きしかわ ひとし
岸川 均
生誕 1937年
死没 2006年11月17日
出身校 西南学院大学卒業
職業 ラジオディレクター

岸川 均(きしかわ ひとし、1937年 - 2006年11月17日)は、日本ラジオ番組制作ディレクター。KBCメディア顧問。

来歴[編集]

西南学院大学卒業後、1962年九州朝日放送(KBC)入社。1969年から約10年間、アマチュア歌手が出演する深夜のラジオ番組『歌え若者』の制作を担当。チューリップ海援隊甲斐バンド石橋凌CHAGE and ASKA長渕剛らを見出した。1998年に定年退職。退職時、それを惜しんだ山下達郎浜田省吾南こうせつさだまさしイルカら18組のミュージシャンが福岡サンパレスで4日連続のライブを開いた。

大学時代にはグリークラブに所属し、サークル活動としてカルテットを組み、地元放送局に出演していた。

没後[編集]

岸川の音楽への情熱・想いを継ぐべく、石橋凌を発起人として追悼音楽イベント「風音(かざおと)」が2007年にスタートした。毎年(2016年時点で1度休止あり)、岸川の命日の11月17日前後に開催される、福岡出身のミュージシャン20人ほどが参加するイベントとなっている [1]

岸川の没後10年に当たる2016年10月22日に岸川の足跡をたどる特別番組『歌え若者~ラジオから生まれた音楽たち~』(12時30分~14時)がKBCラジオにて放送された。番組には岸川と親交の深かった鮎川誠、石橋凌、上田雅利甲斐よしひろ財津和夫、さだまさし、陣内孝則杉真理武田鉄矢根本要、浜田省吾、姫野達也、山下達郎などがインタビュー出演した[2]

出典・参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デビュー1年で挫折も「頑張れ」 石橋凌が継いだ恩人の遺志”. 日刊ゲンダイ. 2016年10月23日閲覧。
  2. ^ 歌え若者~ラジオから生まれた音楽たち~”. 九州朝日放送. 2016年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]