岩木丸 (1942年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
岩木丸
基本情報
船種 貨物船
クラス 船級名なし
船籍 東京市/東京都
所有者 北日本汽船
大阪商船
運用者 北日本汽船
大阪商船
Flag of Japan.svg 海軍省
建造所 播磨造船所相生工場
姉妹船 こがね丸日本海運
しろがね丸(日本海運)
まがね丸(日本海運)
あかがね丸(日本海運)
國玉丸玉井商船
乾進丸乾汽船
乾安丸乾汽船
神光丸(神陽汽船)
航行区域 遠洋/近海
信号符字 JGKP
IMO番号 49472(※船舶番号)
経歴
起工 1941年3月15日
進水 1942年4月28日
竣工 1942年6月29日
最後 1944年6月1日被雷沈没
要目 ([注釈 1])
総トン数 3,125 トン[注釈 2]
排水量 4,828 重量トン
全長 96.0m
14.0m
深さ 7.5m
満載喫水 遠洋6.39m/近海6.45m[注釈 3]
ボイラー 播磨筒型円缶 2基
主機関 三連成レシプロ蒸気機械 1基
推進器 1軸
出力 2,159 指示馬力
最大速力 13.393ノット
航海速力 11ノット[注釈 3][注釈 4]
旅客定員 一等3名[注釈 3]
乗組員 48名[注釈 3]
その他 兵装[注釈 4]
8cm砲、爆雷4個
端艇3隻[注釈 3]
テンプレートを表示

岩木丸(いわきまる)[注釈 5]は、かつて北日本汽船/大阪商船[注釈 6]が運行していた貨物船太平洋戦争中、海軍省により徴傭され輸送任務中に撃沈された。

船名は、北日本汽船/大阪商船が取得した船としては唯一のもの。

船歴[編集]

北日本汽船から播磨造船所に発注され、1941年3月15日、播磨造船所相生工場で建造番号303番船として起工。1942年4月28日、進水。6月29日、同所で竣工。

1942年12月8日、横須賀在泊中に海軍省により徴傭され用途雑用、横須賀鎮守府所管となる。同日、東京へ回航。11日大井、同日鳥羽、14日、16日大阪、19日門司、23日大連、31日所安群島にそれぞれ寄港。

1943年1月5日横浜、11日室蘭、19日函館、22日東京、26日横須賀にそれぞれ寄港。

2月2日父島、6日硫黄島、28日父島にそれぞれ寄港。

3月4日横須賀、11日函館、12日小樽、16日函館、20日東京、27日小樽、31日函館にそれぞれ寄港。

4月3日東京、13日小樽、18日油谷湾、20日大阪、22日広畑、26日八幡、29日長崎にそれぞれ寄港。

5月2日佐世保、7日群山、10日青島、19日徳山、23日大阪、28日門司、29日釜山にそれぞれ寄港。

6月6日大湊、11日函館、16日釧路、21日択捉島天寧、25日松輪島、27日幌筵島武蔵湾、30日占守島長崎湾にそれぞれ寄港。

7月1日占守島片岡湾、5日武蔵湾、7日幌筵島擢鉢湾、8日武蔵湾、24日小樽、26日函館、31日青森にそれぞれ寄港。

8月4日小樽、9日片岡湾、12日武蔵湾、20日擢鉢湾、31日幌筵島乙前湾にそれぞれ寄港。

9月5日函館、9日青森、同日大湊、16日小樽にそれぞれ寄港。20日から21日まで神風の護衛を受ける。21日武蔵湾、同日擢鉢湾、30日武蔵湾にそれぞれ寄港。

10月11日片岡湾、13日擢鉢湾、17日武蔵湾、18日片岡湾にそれぞれ寄港。20日、石垣の護衛を受けカニ漁母船笠戸丸らとともに幌筵発。24日小樽、26日函館、31日青森にそれぞれ寄港。

11月4日小樽、10日片岡湾、12日武蔵湾にそれぞれ寄港。武蔵湾在泊中の16日、北日本汽船は大阪商船と合併。23日擢鉢湾に寄港。

12月15日片岡湾、23日武蔵湾にそれぞれ寄港。

1944年1月19日釧路、25日室蘭、31日六連にそれぞれ寄港。

2月2日大阪、4日相生にそれぞれ寄港。7日から3月30日まで播磨造船所で入渠修理を実施。

4月1日徳山、7日門司、9日美保関、10日舞鶴、13日大湊、14日室蘭、24日大湊にそれぞれ寄港。

5月3日片岡湾に寄港。5日、神風の護衛を受け大湊へ向け幌筵発。10日大湊、同日函館、13日大湊、19日小樽にそれぞれ寄港。20日、ネ船団に加入し松輪島へ向け小樽発。24日、松輪島着。31日松輪島を出港したが、同日松輪島大和湾に帰着[注釈 7]

6月1日大和湾で揚陸中、湾内に侵入したアメリカ潜水艦ヘリングの攻撃を受けて魚雷2本が命中し、沈没した。沈没の際、船員30名が犠牲となった。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 注釈なき限り『播磨50年史』p. 422およびpp. 458-459による。
  2. ^ 『昭和十七年版 日本汽船名簿』では3,124トン。
  3. ^ a b c d e 『昭和十七年版 日本汽船名簿』による。
  4. ^ a b 昭和18年7月1日付 海軍省秘第51号『海上交通保護用船名簿』による。
  5. ^ 船名読みは『昭和十七年版 日本汽船名簿』による。
  6. ^ 合併を繰り返し、2015年末時点では商船三井
  7. ^ 1944年5月31日の出入港は『大東亜戦争徴傭船舶行動概見表 甲 第五回』による。本船が31日に小樽へ向け出港した復航ネ船団に加入していたかどうかは明らかでない。駒宮『戦時輸送船団史』p. 185には、本船の船名は記されていない。千島方面根拠地隊戦時日誌、大湊警備府戦時日誌にも記載は無い。
脚注

参考文献[編集]

  • 海軍省
    • 昭和18年7月1日付 海軍省秘第51号『海上交通保護用船名簿』。
    • 徴傭船舶行動整理表。
    • 大東亜戦争徴傭船舶行動概見表 甲 第四回。
    • 大東亜戦争徴傭船舶行動概見表 甲 第五回。
    • 千島方面特別根拠地隊戦時日誌。
    • 千島方面根拠地隊戦時日誌。
    • 大湊警備府戦時日誌。
  • 逓信省運輸通信省
    • 『昭和十七年版 日本汽船名簿』。
    • 海運総局 『昭和十八年度 日本船名録』。
  • 『石川島播磨重工業社史 沿革・資料編』、石川島播磨重工業、1992年。
  • 『大阪商船株式會社八十年史』、大阪商船三井船舶、1966年。
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』、出版協同社、1987年。ISBN 4-87970-047-9
  • 『戦没した船と海員の資料館』[1]全日本海員組合
  • 『喪失船舶一覧表』、船舶運営会
  • 『播磨50年史』、播磨造船所、1960年。