岩堀惠祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩堀恵祐から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩堀 惠祐
(いわほり けいすけ)
生誕 (1954-02-25) 1954年2月25日(65歳)
国籍 日本の旗 日本
教育 大阪大学工学部卒業
大阪大学大学院工学研究科
博士前期課程修了
業績
専門分野 環境工学
勤務先 明電舎
大阪大学
静岡県立大学
成果 汚染環境の修復技術の研究
環境モニタリング
その評価手法の開発
受賞歴 浄化槽関係事業功労者表彰
2007年
水・土壌環境保全功労者表彰
2008年
環境大臣表彰(2012年

岩堀 惠祐(いわほり けいすけ、1954年2月25日 - )は、日本工学者環境工学水質管理工学)。学位工学博士大阪大学1988年)。静岡県立大学環境科学研究所教授大学院食品栄養環境科学研究院教授。新字体岩堀 恵祐(いわほり けいすけ)と表記されることもある。

静岡県立大学地域環境啓発センターセンター長(初・第3代)、静岡県立大学学長補佐、静岡県立大学環境科学研究所所長などを歴任した。

概要[編集]

大阪大学工学部環境工学科にて環境工学を学び、卒業後は同大学の大学院工学研究科環境工学専攻に進み、博士前期課程を修了した。

大学院修了後、明電舎に採用され、研究者として勤務する。退職後は、大阪大学工学部にて助手講師を務めた。静岡県立大学に移った後は、大学院生活健康科学研究科にて助教授を務めた。その後、本務が環境科学研究所となり、助教授、昇任後は教授を務めた。その間、静岡県立大学学長補佐や、環境科学研究所に併設された地域環境啓発センターのセンター長に就任している。2006年からは、静岡県立大学環境科学研究所の所長を務めている。

略歴[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

研究業績を纏めた論文を各学術雑誌に発表している。英文の論文は、社団法人日本生物工学会が発行するJournal of fermentation and bioengineeringやシュプリンガー・ジャパン株式会社が発行する廃棄物学会のJournal of material cycles and waste managementへの寄稿が多い。

共著[編集]

  • 日本建築センター編『建築新技術レポート――性能評価・評定/審査証明』2000.6-2009.3年版、日本建築センター、2010年
  • 公害防止の技術と法規編集委員会編『新・公害防止の技術と法規水質編2012』産業環境管理協会2012年

寄稿[編集]

岩堀が寄稿した論文の一例である。各論文の詳細やその他の論文については『CiNii (NII論文情報ナビゲータ)』等で確認できる。

  • Masanori Fujita, Keisuke Iwahori and Hironori Taki "A Novel Method of Enumerating Nocardia amarae in Foaming Activated Sludge" Journal of fermentation and bioengineering, Vol.77, No.6 Japan: Society for Biotechnology, 1994, pp.674-678. ISSN 0922-338X
  • Masanori Fujita, Keisuke Iwahori, Sigeru Tatsuta et al. "Analysis of Pellet Formation of Aspergillus niger Based on Shear Stress" Journal of fermentation and bioengineering, Vol.78, No.5 Japan: Society for Biotechnology, 1994, pp.368-373. ISSN 0922-338X
  • Keisuke Iwahori, Wang Min, Hironori Taki, and Masanori Fujita "Comparative Studies on Utilization of Fatty Acids and Hydrocarbons in Nocardia amarae and Rhodococcus spp." Journal of fermentation and bioengineering, Vol.79, No.2 Japan: Society for Biotechnology, 1995, pp.186-189. ISSN 0922-338X
  • Keisuke Iwahori, Sigeru Tatsuta, Masanori Fujita et al. "Substrate Permeability in Pellets Formed by Aspergillus niger" Journal of fermentation and bioengineering, Vol.79, No.4 Japan: Society for Biotechnology, 1995, pp.387-390. ISSN 0922-338X
  • Keisuke Iwahori, Hironori Taki, Naoyuki Miyata et al. "Analysis of Nocardia amarae Profiles in Actual Foaming Activated Sludge Plant with Viable Cell Count Measurement" Journal of fermentation and bioengineering, Vol.84, No.1 Japan: Society for Biotechnology, 1997, pp.98-102 ISSN 0922-338X
  • Naoyuki Miyata, Keisuke Iwahori and Masanori Fujita "Manganese-Independent and -Dependent Decolorization of Melanoidin by Extracellular Hydrogen Peroxide and Peroxidases from Coriolus hirsutus Pellets" Journal of fermentation and bioengineering, Vol.85, No.5 Japan: Society for Biotechnology, 1998, pp.550-553 ISSN 0922-338X

文献[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
寺尾良保
静岡県立大学
環境科学研究所所長

2006年 - 2009年
次代:
坂田昌弘
先代:
(新設)
坂田昌弘
静岡県立大学
地域環境啓発センターセンター長

初代:2005年 - 2006年
第3代:2009年 - 2011年
次代:
坂田昌弘
下位香代子