岡本龍明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡本 龍明(おかもと たつあき、1952年9月22日 - )は、日本暗号理論研究者。NTTフェロー、京都大学大学院客員教授。愛媛県出身。

人物[編集]

NTTの研究所において、ベル研出身者で「音声圧縮技術」が知られる守谷健弘と「暗号理論」の岡本龍明の二人の研究は、「ノーベル賞に最も近い」といわれるほど、世界の先頭集団に入っているという。[1]

略歴[編集]

表彰[編集]

  • 1991年 NTT 研究開発本部長表彰・研究開発賞
  • 1993年 電子情報通信学会業績賞、小林記念特別賞
  • 1997年 電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)
  • 1998年 科学技術庁長官賞(研究功績者賞)
  • 1999年 NTT R&Dフェロー
  • 2000年 日経BP技術賞
  • 2003年 電子情報通信学会フェロー
  • 2012年 紫綬褒章
  • 2015年 国際暗号学会(IACR)英語版フェロー
  • 2018年 朝日賞

役員[編集]

  • 国際暗号学会(IACR)理事(1998~2000)
  • 日本応用数理学会 理事(1999~)
  • 日本応用数理学会 会長(2007.4~2008.3)
  • 電子情報通信学会・情報セキュリティ研究専門委員長(1999.5~2000.4)
  • 電子情報通信学会・和文論文誌「代数曲線とその応用」特集号編集委員長(1999.8)
  • 日本応用数理学会「数論アルゴリズムとその応用」研究部会幹事(2000~)
  • 電子情報通信学会・英文論文誌「暗号と情報セキュリチィ」特集号編集委員長(2000.1)
  • 電子情報通信学会 理事(2001.5~2003.4)
  • 日本数学協会 理事(2002~)
  • 電子情報通信学会・「基礎・境界ソサイエティ フェロー推薦委員会」委員(2003~2005)
  • 電子情報通信学会・「論文賞委員会」(2005)
  • 日本応用数理学会「JJAM(日本応用数理学会 英文論文誌)」編集委員 (2005~)

著書[編集]

  • 『暗号・ゼロ知識証明・数論』(共立出版 1995)
  • 『現代暗号』(産業図書 1997)
  • 『暗号と情報セキュリティ』(日経BP社 1998)
  • 『情報セキュリティ技術』(電気通信協会 2000)
  • 『現代暗号・確率的証明・擬似乱数』(翻訳)(シュプリンガー・フェアラーク東京 2001)
  • 『公開鍵暗号の数理』(共立出版 2011)

脚注[編集]

参考文献[編集]