岡本幸治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡本 幸治(おかもと こうじ、1936年 - )は、日本政治学者大阪国際大学名誉教授法学博士京都大学)。専門は北一輝研究・インド政治史。北一輝研究の第一人者。

経歴[編集]

1960年京都大学法学部卒業。1960年三井物産入社。1964年同社退社し、京都大学法学部助手。1965年京都産業大学経済学部専任講師。1969年大阪府立大学教育学部専任講師。1974年同教養部助教授。1981年愛媛大学法文学部教授。1992年大阪国際大学政経学部教授。1997年論題「北一輝 転換期の思想構造」で京都大学にて法学博士を受く[1]。2000年大阪国際大学定年退職。近畿福祉大学社会福祉学部教授。2005年近畿福祉大学定年退職。維新政党・新風の講師団に参加。21世紀アジア協会理事長

著書[編集]

  • 『北一輝と日本の近代』 G.M.ウィルソン、勁草書房、1971(訳書)
  • 『現代政治と人間』共著、ミネルヴァ書房、1971
  • 『日本近代化のジレンマ 両大戦間の暗い谷間』ジェームズ・W.モーリ編著 小平修と共訳、ミネルヴァ書房、1974
  • 『経済的自由と倫理』アイヴァン・ヒル編著 岡本監訳、創元社、1982
  • 『凸型西洋文化の死角 なぜ世紀末が危機なのか』柏樹社、1986、第2版1993
  • 『現代政治を解読する』共編、ミネルヴァ書房、1990
  • 『脱戦後の条件 凸型文明から凹型文明へ』 日本教文社〈教文選書〉、1995
  • 『北一輝 転換期の思想構造』ミネルヴァ書房、1996
  • 『近代日本のアジア観』編著、ミネルヴァ書房、1998
  • 『インド亜大陸の変貌 1990-2000』展転社、2004
  • 『インド世界を読む』創成社、2006
  • 『北一輝 : 日本の魂のドン底から覆へす』ミネルヴァ書房〈日本評伝選〉、2010

脚注[編集]

  1. ^ 博論データベース

外部リンク[編集]

  • [1] 研究者 - researchmap
  • [2] 経歴・プロフィール - 21世紀日本アジア協会