岡山県の城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡山県の城(おかやまけんのしろ)は、岡山県内に残存する砦遺構をとりまとめたものである。

岡山県は明治廃藩置県以前は美作国備前国備中国の三ヶ国により形成され、中世戦国時代には赤松氏浦上氏宇喜多氏毛利氏や在地国人らにより多くの城が築かれた。特に美作地域は戦国期に毛利氏・尼子氏・宇喜多氏の争奪戦の舞台となったこともあり、規模の大きな城郭遺構が残されている。

美作市[編集]

真庭市[編集]

津山市[編集]

久米郡[編集]

苫田郡[編集]

備前市[編集]

和気町[編集]

岡山市[編集]

瀬戸内市[編集]

玉野市[編集]

赤磐市[編集]

総社市[編集]

倉敷市[編集]

高梁市[編集]

新見市[編集]

関連項目[編集]