乙子城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
乙子城
岡山県
城跡丘陵
城跡丘陵
別名 音湖城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 浦上宗景
築城年 伝・天文13年(1544年
主な改修者 伝・宇喜多直家
主な城主 宇喜多氏
廃城年 天正10年(1582年)頃
遺構 曲輪跡、列石
指定文化財 なし
位置 北緯34度37分49.56秒
東経134度2分21.93秒

乙子城(おとごじょう)は岡山県岡山市東区乙子にあった日本の城宇喜多直家出世の城と伝えられる。

概要と沿革[編集]

岡山市南東部の吉井川河口にある標高40m程度の丘陵に位置する。この地に城が構えられていた時代は、丘陵は河口に突き出していた。その丘陵に連郭式に曲輪が構えられていた。

戦国時代備前国に覇を唱えた浦上宗景が、児島湾への睨みを利かせる為に構えたが、築城年については不明である。宇喜多直家が天文13年(1544年)、備前の守護大名赤松晴政との合戦に初陣し武功をたて、宗景より最初に任された城であると伝えられており、この年が築城年とされている。この時に、300貫の知行と足軽30人が与えられた。

しかし、『吉備前秘録』によれば直家の祖父・能家が在城していたとも、『戸川記』によれば父・興家が守将となっていたとも伝えられている。

祖父・能家が暗殺されて後、没落していた宇喜多家の再興が成り各地に散っていた旧臣も直家のもとに集まったといわれる。しかし、家臣の割に知行が少ないため困窮を極め、家臣団は近隣で盗賊行為を行っていたと『戸川記』などは伝えている。

直家は弘治2年~3年(1556年1557年)頃、武功により宗景より奈良部城(新庄山城)を与えられた。『備前軍記』によれば、その後、乙子城は弟の忠家が預かったと伝えられている。さらに、永禄2年(1559年)直家は沼城に本拠を移し忠家も移った。その後は、児島湾の押さえとして天正10年(1582年)頃まで機能していたと思われる。直家の子、秀家の時代になると備前国は平定され、その役割を終えたようである。

参考文献[編集]

  • 岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 34ページ

関連項目[編集]