山辺六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山辺 六郎(山邊 六郎、やまべ ろくろう、1903年5月1日 - 1983年1月18日[1])は、日本の会計学者。

東京市浅草区生まれ。1931年東京商科大学卒、1961年「原価計算論 管理会計としての原価計算」で一橋大学商学博士。1931年横浜専門学校教授、1935年長崎高等商業学校教授、1949年学制改革により長崎大学経済学部教授となり、1950年横浜国立大学経済学部教授、1963年学部長、1966年定年退官し名誉教授、1969年青山学院大学教授、1972年亜細亜大学教授となる。没後従三位に叙せられ勲二等瑞宝章を受勲した[2]

著書[編集]

  • 『工業簿記の研究』三省堂 1937
  • 『商業簿記撮要 上巻』平野書店 1938
  • 『アメリカ公益企業会計』産業経理協会 産業経理叢書 1948
  • 『標準原價計算』千倉書房 1949
  • 『原価計算精説』白桃書房 1954
  • 『最新原価計算精説』白桃書房 1958
  • 『原価計算論 管理会計としての原価計算』千倉書房 1961
  • 『現代原価計算精説』白桃書房 1969
  • 『原価計算の基礎』白桃書房 1974
共著

翻訳[編集]

  • 『レーマン原価計算』訳註 高陽書院 1934
  • シュマーレンバッハ『価格政策論』訳解 森山書店 1938
  • 米国原価会計士協会編『標準原価計算の実際』白桃書房 1956

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 山邊六郎教授略歴