山田康弘 (考古学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 康弘(やまだ やすひろ、1967年 - )は、日本の先史学者考古学者国立歴史民俗博物館教授。専門は縄文時代を中心とした先史墓制論・社会論。

東京都生まれ。1990年筑波大学卒、94年同大学院博士課程歴史人類学研究科中退、熊本大学文学部助手、1996年土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム学芸員、1999年島根大学法文学部助教授、2007年准教授、2010年教授、2011年国立歴史民俗博物館准教授、2015年現職。2007年「人骨出土例に基づく縄文時代墓制と社会の研究」で総合研究大学院大学文学博士

著書[編集]

  • 『人骨出土例にみる縄文の墓制と社会』(同成社)2008
  • 『生と死の考古学−縄文時代の死生観−』(東洋書店)2008
  • 『縄文人がぼくの家にやってきたら!?』「もしも?」の図鑑 実業之日本社 2014
  • 『老人と子供の考古学』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2014 
  • 『つくられた縄文時代 日本文化の原像をさぐる』新潮選書、2015年 

外部リンク[編集]