山崎剛太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山崎 剛太郎(やまさき こうたろう、1917年12月16日 - 2021年3月11日[1])は、日本の詩人、フランス文学の翻訳家。

来歴[編集]

福岡県福岡市生まれ[1]早稲田大学文学部仏文科卒。在学中加藤周一福永武彦らの『マチネ・ポエティク』同人となり、卒業後外務省勤務を経て東宝東和に入社し、『大いなる幻影』など多数のフランス映画の字幕翻訳を行う。調布学園女子短期大学教授、早稲田大学講師を歴任した。1979年、フランス政府より芸術文化勲章シュヴァリエを受勲。1990年、フランス政府より芸術文化勲章オフィシエを受勲される。

2021年3月11日、肺炎のため東京都港区内の病院で死去[1]。103歳没。

著書[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “フランス映画字幕翻訳家、山崎剛太郎氏死去 103歳”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2021年4月6日). https://www.sanspo.com/article/20210406-EVC7Q4LRPZJ4LEGHQJZR2F6YQY/ 2021年4月7日閲覧。 

外部リンク[編集]