山口大学工業短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山口大学工業短期大学部
大学設置/創立 1953年
廃止 1993年
学校種別 国立
本部所在地 山口県宇部市常盤台2557
学部 機械工学科第二部
工業化学科第二部
電気工学科第二部
土木工学科第二部
情報処理工学科第二部
テンプレートを表示

山口大学工業短期大学部(やまぐちだいがくこうぎょうたんきだいがくぶ、英語: Technical College, Yamaguchi University[1])は、山口県宇部市常盤台2557に本部を置いていた日本国立大学である。1953年に設置され、1993年に廃止された。大学の略称は山大工短。学生募集は1990年度まで。1991年度より、山口大学工学部夜間主コースの設置[2]により短期大学は学生募集を停止し、1993年3月31日廃止[3]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 山口大学工業短期大学部は山口大学工学部の付設として1953年に設置された日本国立短期大学。設置当初は、2学科のみだったが順次学科増設され最終的には5学科まで発展した。

学風および特色[編集]

  • 山口大学工業短期大学部は勤労の傍らで学業に勤しむ人々に大学教育を開放することのねらいから夜間部が置かれていた。
  • 開学当初は、9月に学生募集されていた。

沿革[編集]

  • 1953年9月 山口大学工業短期大学部開学。
    • 機械科第二部
    • 工業化学科第二部
  • 1965年 電気科第二部を増設[4]
  • 1966年 土木科第二部を増設[5]
  • 1969年 学科名の変更あり。
    • 機械科→機械工学科
    • 電気科→電気工学科
    • 土木科→土木工学科
  • 1974年 情報処理工学科第二部増設。
  • 1990年 この年をもって学生募集を終了。その後、山口大学工学部夜間主コースに改組。
  • 1993年 廃止される。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 山口県宇部市常盤台2557

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 機械工学科第二部
  • 工業化学科第二部
  • 電気工学科第二部
  • 土木工学科第二部
  • 情報処理工学科第二部

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • なし

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

  • 村上富夫:1962年機械科(後の機械工学科)Ⅱ部卒業。著作として『手記 癌告知から退院までの日々』(新風社)がある。

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:工学部と共同使用となっていた。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 勤労しながら学業に励む人が多く、卒業後も現職を継続する人が多かったものとみられる。

編入学・進学実績[編集]

  • 山口大学工学部への編入学制度があった。

関連書物[編集]

  • 『山口大学工業短期大学部30年史』[6]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002906069より
  2. ^ 但し、2006年より工学部夜間主コースの新規学生募集が停止された。
  3. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』244頁より。
  4. ^ 在学者数は男子43となっている。
  5. ^ 在学者数は男子36となっている。
  6. ^ 下関市立図書館ほか所蔵。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]