少女不十分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

少女不十分』(しょうじょふじゅうぶん)は西尾維新による小説。挿絵は碧風羽。単行本は講談社ノベルス講談社)より刊行されている。

概要[編集]

  • 二十歳の大学生である「僕」と、あるきっかけで出会った「少女」の交流を書いた物語。物語は三十路になった「僕」の一人称で語られる。
  • キャッチコピーは「西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作。」、「この本を書くのに10年かかった。」。

あらすじ[編集]

主な登場人物[編集]

「僕」
主人公。小説家の男性。30歳。10年前の大学生時代、目の前で起きた交通事故をきっかけにUと出会う。
当時、愛車であるロードレーサーで通っている大学の講義に出席する道中、目の前を歩く2人の少女の後ろを抜かすに抜かせず走っていると、1人の少女がトラックに轢かれて亡くなる瞬間を目撃する。その日は結局、講義に出ることはやめてその日から1週間は大学へは行かなかった。
後日、同じ道を自転車で通学していると、Uによって自転車の後輪にリコーダーが投げ込まれて体が宙に投げ出され、意識を失う。その際に財布から学生証を引き抜かれたが、何日も気づかなかった。
U・U
当時小学4年生の少女。一緒に並んで下校していた同級生が交通事故で亡くなり、その現場で行った自身の奇妙な行動を目撃した「僕」を後日、カッターナイフで脅迫して自分の家の物置に監禁する。
両親から厳しくしつけられており、生活する上での決まりごとをノートに書かれており、それを頑なに守っていた。全てにおいての優先順位はそのノートに書かれたルールのため、「僕」が目撃した交通事故での対応もそのノートに書かれていたことを忠実に守っていただけだった。
両親は自宅の2階でお互いが首を絞めあって死んでおり、彼女は毎日、両親の遺体に挨拶して生活していた。

刊行情報[編集]

  1. 2011年9月6日 ISBN 978-4-06-182800-1

コミカライズ[編集]

はっとりみつるの作画で、『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2015年53号から2016年39号まで連載[1][2]

書籍情報

脚注[編集]

外部リンク[編集]