小林雅之 (教育学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 雅之(こばやし まさゆき、1953年9月26日[1] - )は、日本教育学者博士(教育学))。東京大学名誉教授桜美林大学教授。専門は、教育経済学

来歴[編集]

静岡県出身[1]静岡県立静岡東高等学校理数科(1972年)、東京大学教育学部卒業(1976年)。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得(1982年)。

広島修道大学人文学部専任講師・助教授(1983年~1993年)、放送大学教養学部助教授(1993年~1999年)、2000年から東京大学大学総合教育研究センター助教授、2007年に同教授に昇格。2007年に東京大学より博士(教育学)の学位を取得。

国立大学財務・経営センター客員教授、放送大学客員教授、華東師範大学客員教授を歴任し、2019年3月で東京大学を定年退職。同年4月に同名誉教授の称号を得る。同年4月に桜美林大学総合研究機構教授に着任。

教育の機会均等、所得格差と教育格差、日本・欧州・北米の奨学金制度に関する論文多数。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『進学格差 -- 深刻化する教育費負担 -- 』(筑摩書房、2008年)
  • 『大学進学の機会 -- 均等化政策の検証 -- 』(東京大学出版会、2009年)

共編著[編集]

  • 『教育・経済・社会』(金子元久(共著)、放送大学教育振興会、1996年)
  • 『世界の教育』(宮澤康人(共編著)、放送大学教育振興会、1998年)
  • 『教育の政治経済学』(金子元久(共著)、放送大学教育振興会、2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.316