小林宗之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 宗之助
Sounosuke Kobayashi.jpg
生誕 1886年10月2日
死没 (1975-03-17) 1975年3月17日(88歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1908年 - 1942年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

小林 宗之助(こばやし そうのすけ、1886年10月2日 - 1975年3月17日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

長野県出身。農業・小林勇吉の長男として生まれる。攻玉社を経て、1907年11月、海軍兵学校35期)を席次3番の恩賜で卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。海軍砲術学校高等科を修了。「金剛分隊長、第3戦隊参謀、「敷島」分隊長、砲術学校教官などを経て、1918年11月、海軍大学校(甲種16期)を卒業。以後、呉海兵団分隊長、フランス駐在、第1艦隊司令部付、海軍省軍務局第1課局員などを歴任。

1925年1月、「島風艦長となり、軍令部参謀、国際連盟海軍代表随員、人事局第1課長、「長良」艦長、「羽黒」艦長、ジュネーヴ会議全権随員などを歴任し、1933年11月、海軍少将に進級。人事局長として大角人事に関わり、左近司政三寺島健堀悌吉坂野常善らが予備役となった。高木惣吉は小林の責任ではないとしている[1]。第5戦隊司令官を経て第4戦隊司令官に就任。麾下の重巡「足柄」を率い、ジョージ6世戴冠記念観艦式に参加し、戴冠式にも出席した。第9戦隊司令官などを経て、1937年12月に海軍中将となる。その後、鎮海要港部司令官を経て、太平洋戦争開戦時は舞鶴鎮守府司令長官であった。1942年12月、予備役に編入された。

出典[編集]

  1. ^ 『自伝的海軍始末期』p.211

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 高木惣吉『自伝的日本海軍始末記』光人社、1971年。