小林嘉文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 嘉文
こばやし よしふみ
生年月日 (1960-08-29) 1960年8月29日(60歳)
出生地 岡山県笠岡市
出身校 明治大学商学部
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2016年4月24日 - 現職
テンプレートを表示

小林 嘉文(こばやし よしふみ、1960年8月29日 - )は、日本政治家岡山県笠岡市長(2期)。

来歴[編集]

岡山県立笠岡高等学校明治大学商学部卒業。上海復旦大学国際経済学部修了。ハーバード大学経営大学院TGMP修了[1]

伊藤忠商事入社。その後、海苔の製造販売を営む小林産業株式会社[2]の代表取締役を務めた。

2016年(平成28年)4月17日に行われた笠岡市長選挙に出馬。現職の三島紀元を破り初当選した[3]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:42,422人 最終投票率:66.52%(前回比:-2.17pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
小林嘉文55無所属14,682票52.60%
三島紀元69無所属13,232票47.40%

2020年(令和2年)、元市議の大本益之ら2候補を破り再選。

市政・人物[編集]

  • 2016年(平成28年)8月7日、公務後笠岡市に戻る際山陽道を走行中後部座席にて着用義務の有るシートベルトを着用せず岡山県警高速隊に摘発される[要出典]
  • 2018年(平成30年)7月9日、西日本豪雨で被災者の自主避難所となっていた笠岡市内の公民館を視察した。その際、 簡易ベッドに横になってピースサインを出す写真を市職員に撮らせ、自身のフェイスブックに掲載していたことが、「被災した市のトップとして不適切」として市議会から批判を受けた[要出典]
  • 同年9月8日、市立市民病院の医療費滞納者の自宅を病院職員とともに戸別訪問した。その際、自身が滞納者宅のドアノブに手を掛けた写真を職員に撮影させ、翌9日それらの写真を自身のフェイスブックに投稿。知人の弁護士や別の病院職員から「個人が特定されるおそれがある」との指摘を受け、10日に写真を削除した[要出典]
  • 2020年(令和2年)5月21日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身の6月期末手当を30%減額すると発表した。副市長については15%、教育長については10%減額する[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]