小林信雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 信雄(こばやし のぶお、1922年(大正11年)10月 - 2014年(平成26年)3月)は、日本の新約聖書学者牧師・竹林拙三の子に生まれる。関西学院高等部卒、九州帝国大学卒、1947年関西学院文学専門部専任講師、50年関西学院大学文学部専任講師、52年神学部専任講師、トロント大学大学院神学修士課程修了、イマヌエル神学校卒。関西学院大学神学部助教授教授。1991年定年退任、名誉教授

著書[編集]

共著
  • 『狐は穴あり空の鳥は塒あり 聖書共同研究』久山康藤井孝夫共著 基督教学徒兄弟団、1958

翻訳[編集]

  • レイトン・リチャード『キリスト教非戦平和主義』新教出版社 基督教論叢、1952
  • ヘンドリック・クレーマー『信徒の神学』新教出版社、1960
  • ヘンドリック・クレーマー『宣教の神学 キリスト教信仰のコミュニケーション』新教出版社、1960
  • J.R.ネルソン『主は一つ教会は一つ』日本基督教団出版部 現代と教会新書、1964

参考[編集]

  • 小林信雄教授略年譜・著書及び論文 神学研究 1991 - 03

[編集]