小島威彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小島武彦から転送)
Jump to navigation Jump to search

小島 威彦(こじま たけひこ、1903年 - 1996年12月1日)は、日本の哲学者明星大学名誉教授。

実業家・政治家の深尾隆太郎は妻の父。兄に海軍少将の小島秀雄

来歴[編集]

神戸市生まれ。1928年京都帝国大学文学部哲学科卒業、1930年、同大学院修了。1932年中華民国に留学、1936年、英国、フランス、ドイツに学ぶ。

1930年、仲小路彰らと科学アカデミアを創立。同人に、佐々弘雄三枝博音飯島正富沢有為男唐木順三渡辺一夫服部之総ら。1938年国民精神文化研究所所員となり、以降、右翼思想を喧伝。出版社の世界創造社、文化サロンの戦争文化研究所を創設。1940年、仲小路彰らとスメラ学塾を創設し、仲小路彰藤澤親雄らとユダヤ人排撃を主張する。小島のいとこにあたる[1]川添紫郎(のちの「キャンティ (イタリア料理店)」オーナー)や建築家の坂倉準三らが「スメラクラブ」という文化サロンを結成した[2]スメラ学塾の塾頭となった末次信正海軍大将も、遠縁にあたる[3]

1955年、米国、ヨーロッパ遊学。1956年、国際哲学研究会常任理事。1964年、明星大学教授、1974年、定年退任、名誉教授。

戦後は哲学書の翻訳を主としたが、最晩年、自伝的著作『百年目にあけた玉手箱』で戦時中のことを記した。

著書[編集]

  • 真理とは何ぞや 紀平正美共著 国民精神文化研究所 1934 (国民精神文化研究 第2冊)
  • 世界創造の哲学的序曲 改造社 1936
  • 地理弁証法のデザイン 国民精神文化研究所 1936 (国民精神文化研究 第22冊)
  • 哲学的世界建設 日本問題研究所 1938
  • 独伊の世界政策 ヨーロッパ問題研究所 1939 (戦争文化叢書)
  • 喜望峰に立つ アフリカ紀行 ヨーロッパ問題研究所 1940
  • ナチス・ドイツの世界政策 アルス 1940 (ナチス叢書)
  • 学校及学問の歴史的意義 スメラ民文庫編輯部 1941
  • 世界創造の哲学的序曲 世界史の実験 明星大学出版部 1982.11 (復刊)
  • 百年目にあけた玉手箱 第1-7巻 創樹社 1995

翻訳[編集]

  • 人間 それ自らに背くもの ガブリエル・マルセル 信太正三共訳 創文社 1958
  • 神の死と人間 ガブリエル・マルセル(編)中央公論社 1958
  • 希望の哲学 オットー・フリードリッヒ・ボルノウ 新紀元社 1960
  • ヨーロッパの略奪 現代の歴史的解明 ディエス・デル・コラール 未来社 1962
  • 歴史の運命と進歩 ディエス・デル・コラール 鈴木成高共編訳 未来社 1962
  • 技術論 ルートヴィヒ・アルムブルスター共訳 ハイデッガー選集 第18 理想社 1965
  • 人間この問われるもの マルセル著作集 第6 春秋社 1967
  • アジアの旅 風景と文化 ディエス・デル・コラール 未来社 1967
  • 過去と現在 ディエス・デル・コラール 神吉敬三川本茂雄共訳 未来社 1969
  • ラテン・アメリカの旅 風景と文化 ディエス・デル・コラール 未来社 1971
  • 人間の棲家 ボルノウ めいせい出版 [教養選書] 1976
  • 知恵の凋落 ガブリエル・マルセル 明星大学出版部 1980.10
  • マルセルにおける人間の研究 ガブリエル・マルセル 明星大学出版部 1980.7
  • 自由主義の過去と未来 ディエス・デル・コラール 明星大学出版部 1980.5
  • ニーチェにおけるモナドロギー カウルバッハ 明星大学出版部 1981.1
  • カントの行為の理論 カウルバッハ 山下善明共訳 明星大学出版部 1981.7
  • カントとニーチェの自然解釈 カウルバッハ 明星大学出版部 1982.3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石井妙子「原節子の真実」(新潮社)P.134
  2. ^ 石川康子 『原智恵子 伝説のピアニスト』、ベストセラーズベスト新書〉、2001年。
  3. ^ 石井妙子「原節子の真実」(新潮社)P.134

参考[編集]

  • 訳書記載の略歴