信太正三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

信太 正三(しだ しょうぞう、1914年3月3日 - 1972年5月15日)は、日本の比較哲学者。

秋田県出身。旧姓・木村。京都帝国大学哲学科卒。文部省図書局勤務。戦後、横浜専門学校教授、校名変更で神奈川大学教授、1970年東洋大学教授に転じたがほどなく死去。ヘーゲルニーチェなどを研究、翻訳した。彼の著書『永遠回帰と遊戯の哲学 ニーチェにおける無限革命の理論』は神奈川大学の人文学研究所の伝統的研究テーマ無限革命論として神奈川大学にモニュメント「メビウス”永遠”」が立つ。

著書[編集]

  • 『ニイチェ研究 実存と革命』創文社 1956
  • 『倫理学講義』理想社 1959
  • 『宗教的危機と実存』理想社 1963
  • 『ニーチェ』牧書店(世界思想家全書) 1964
  • 『思索と信仰』理想社(人生論ブックス) 1966
  • 『西洋哲学思想史』理想社 1967
  • 『私の戦争体験史』理想社 1968
  • 『永遠回帰と遊戯の哲学 ニーチェにおける無限革命の論理』勁草書房(哲学思想叢書) 1969
  • 『禅と実存哲学 比較思想的論攷』以文社 1971
  • 『伝統と変革』 創文社(神奈川叢書) 1961。山本新と共編

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典 
  • 故信太正三教授略歴,著書・訳書「白山哲学」1973-7