小夜啼鳥 (童話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小夜啼鳥(H. I. Narbut)

小夜啼鳥」(さよなきどり : Nattergalen)は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの創作童話の一つ。中国を舞台にサヨナキドリの鳴き声をめぐって展開していく物語で、当時ヨーロッパで流行していたシノワズリの影響を受けている[1]。アンデルセンが童話作家として充実していた時期の作品であり[2]、『みにくいアヒルの子』などとともにアンデルセンの童話の中で最も有名なもののひとつである[3]。『ナイチンゲール』『夜鳴きうぐいす』の題名でも知られる。

出版[編集]

本作品は『新童話集 第一冊(: Nye Eventyr. I)』に『天使』『仲よし(マリとコマ)』『みにくいアヒルの子』とともに収録され、1843年11月にコペンハーゲンで刊行された[4]

新童話集は刊行とともに評判を得、アンデルセン自身も後援者のヘンリエッテ・ウルフにあてた手紙に「これらの話はすべての人たちから絶賛されました」「すべての新聞が賞賛し、すべての人が自分で買ったものを読んでくれます」などと書いている[5]。アンデルセンは自分の童話を子どものためだけではなく大人に読ませることも意識し、この童話集から今までタイトルにつけていた「子どものための」という言葉を意識的に省いた[6]

ジェニー・リンドとの関係[編集]

アンデルセンは生涯に何度か恋をしたがいずれも成就せず、生涯独身で過ごした[7]。本作品はアンデルセンの最後の恋[8]の相手であった、「スウェーデンのナイチンゲール」と呼ばれたオペラ歌手ジェニー・リンドのコペンハーゲン訪問に影響を受けている[9][10]。アンデルセンは無名のジェニー・リンドの公演と当時流行していたイタリアオペラ(人々はイタリアオペラを選んだ)を、それぞれ本物のさよなきどりと細工物になぞらえて本作を書いた[11]

アンデルセンはジェニー・リンドとの恋の成就を望んだが、彼女はアンデルセンに好意は抱いていたものの婉曲に断り1852年にドイツの音楽家オットー・ゴールドシュミットと結婚した[12]。 ジェニー・リンドが影響を与えた他の作品として『柳の木の下で』がある[13]

あらすじ[編集]

中国の皇帝の住む御殿と御苑はとてもきらびやかでぜいたくなものであった。世界中の国から旅行者が中国の都にやってきて、だれもがその御殿や御苑に感心したが、その中でも御苑の林に住むさよなきどりの声がいちばん素晴らしいと皆が賞賛し、その声は書物を通じて皇帝の耳に入るようになった。しかし皇帝自身はさよなきどりを知らず、家来にさよなきどりを探させる。

家来の求めに応じて宮中に赴いたさよなきどりはその美しい鳴き声で皇帝を感動させ宮中にとどまるが、ある日、日本の皇帝から細工物のさよなきどりが贈られる。宝石で飾られた美しい細工物のさよなきどりは疲れることを知らず同じ節で美しい鳴き声を奏で、いつしか本物のさよなきどりはいなくなってしまう。しかし、皆は常に同じ節で鳴く細工物のさよなきどりで満足し誰もがその節を覚えてしまう。

それから五年がたち、皇帝は重い病にかかる。皇帝はすでに死神に魅入られており、皇帝は細工物のさよなきどりの声を求めるがねじを巻くものは誰もいなかった。そこに本物のさよなきどりがやってきて鳴き声を聞かせる。死神はさよなきどりの美しい声を聞くと消えてしまい、皇帝は死の淵から復活する。

派生作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Tatar p. 80
  2. ^ 山室、240頁
  3. ^ ブレスドーフ、232頁
  4. ^ 山室、275頁
  5. ^ ブレスドーフ、234頁
  6. ^ ブレスドーフ、233頁
  7. ^ 山室、200頁
  8. ^ 山室、198頁
  9. ^ ブレスドーフ、484頁
  10. ^ 山室、192頁
  11. ^ ブレスドーフ、232頁
  12. ^ 山室、198頁
  13. ^ 山室、199頁

参考文献[編集]

  • 山室静『アンデルセンの生涯』、新潮社、2005年、ISBN 4-10-600173-X
  • エリアス・ブレスドーフ『アンデルセン童話全集 別巻 アンデルセン生涯と作品』高橋洋一訳、小学館、1982年。
  • 大畑末吉『完訳アンデルセン童話集 2』、岩波文庫、1984年、ISBN 4-00-327402-4
  • Tatar, Maria (2008). The Annotated Hans Christian Andersen. New York and London: W.W. Norton & Company. ISBN 978-0-393-06081-2.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]