寺原伸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺原 伸夫(てらはら のぶお、1928年3月1日 - 1998年3月30日)は、日本作曲家宮崎県延岡市出身。宮崎農林専門学校(現・宮崎大学)を卒業後、中学校教員として勤務する傍ら作曲を始めた。1963年来日したアラム・ハチャトゥリアンに才能を認められモスクワ音楽院に留学、以後7年間彼のもとで学んだ。

吉永小百合の代表作である映画『キューポラのある街』の挿入歌『手のひらの歌』の作曲者。娘は元ホラー漫画家の植松麻理(旧名:寺原麻理)。

代表作[編集]

  • わらぐつの歌
  • 手のひらの歌
  • とびだせ宇宙へ
  • ゆびぐるま
  • さよならともだち
  • 「チェロ協奏曲」
  • モノオペラ「ひろしま」
  • 弦楽合奏のための「ふるさとの歌」

著書[編集]

  • 剣の舞 ハチャトゥリヤン 〜 師の追憶と足跡 (東京音楽社)

訳書[編集]

  • ハチャトリアン 〜 生涯と作品 (ヴィクトル・ユゼフォーヴィッチ著、音楽之友社

外部リンク[編集]