審良静男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あきら しずお
審良 静男
日本学士院により公表された肖像写真
日本学士院により
公表された肖像写真
生誕 (1953-01-27) 1953年1月27日(69歳)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 医学
研究機関 市立堺病院
日本学術振興会
カリフォルニア大学
大阪大学
兵庫医科大学
出身校 大阪大学医学部卒業
大阪大学大学院
医学研究科博士課程修了
主な業績 遺伝子塩基配列研究
主な受賞歴 井上学術賞(2001年)
野口英世記念医学賞
(2001年)
大阪科学賞(2002年)
武田医学賞(2003年)
高松宮妃癌研究基金学術賞
(2004年)
朝日賞(2006年)
上原賞(2007年)
恩賜賞(2007年)
日本学士院賞(2007年)
慶應医学賞(2010年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

審良 静男(あきら しずお、1953年1月27日 - )は、日本医師医学者免疫学)。学位医学博士大阪大学・1984年)。大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授[1]日本学士院会員文化功労者

市立堺病院内科医師日本学術振興会奨励研究員、カリフォルニア大学バークレー校博士研究員、大阪大学細胞生体工学センター助教授兵庫医科大学医学部教授、大阪大学微生物病研究所教授、大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授などを歴任した。

人物[編集]

大阪府東大阪市出身の医学者である。免疫学の世界的権威[2]

トムソンサイエンティフィックの「世界で最も注目された研究者ランキング」で、2004年度に第8位[3]、2005年度と2006年度に第1位[4][5]、2007年度に第4位[6]と連続でランクインしている。

2021年7月に奈良県の山中で遭難、膝を骨折する重傷を負うも、無事発見された[7]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学内における役職[編集]

  • 2007年10月 - 2019年6月 大阪大学免疫学フロンティア研究センター拠点長[1]

受賞歴[編集]

ノーベル生理学・医学賞の有力候補に挙げられてきたが[14][15]、2011年に同分野の研究を行っていたジュール・ホフマンブルース・ボイトラーが受賞したため、同分野での受賞の可能性は事実上消滅した[16]

栄典[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 自然免疫学”. 大阪大学免疫学フロンティア研究センター. 2021年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月25日閲覧。
  2. ^ 免疫学の世界的権威が遭難か 大阪大の審良教授、奈良・天川に日帰り登山”. 日刊スポーツ (2021年7月25日). 2021年7月25日閲覧。奈良で遭難した大阪大特任教授、無事発見”. 共同通信社 nordot (2021年7月26日). 2021年7月26日閲覧。
  3. ^ Thomson Scientific Names Hottest Researchers
  4. ^ 2004-2005年“Hottest” Researchersを発表 - ランキングページ Archived 2008年2月4日, at the Wayback Machine.
  5. ^ 2005-2006年“Hottest” Researchersを発表 - ランキングページ Archived 2007年12月13日, at the Wayback Machine.
  6. ^ 2006-2007年“Hottest Researchers”を発表 - ランキングページ Archived 2009年3月9日, at the Wayback Machine.
  7. ^ 奈良で遭難した大阪大特任教授、無事発見(共同通信)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年7月26日閲覧。
  8. ^ 武田医学賞受賞者 Archived 2007年4月4日, at the Wayback Machine.
  9. ^ Träger des Robert-Koch-Preises seit 1970” (ドイツ語). Robert-Koch-Stiftung e.V.. 2009年11月7日閲覧。
  10. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月4日閲覧。
  11. ^ 平成18年度上原賞受賞者”. 上原記念生命科学財団. 2007年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年5月20日閲覧。
  12. ^ これまでの上原賞受賞者”. 上原記念生命科学財団. 2022年5月20日閲覧。
  13. ^ DEUTSCHER IMMUNOLOGIE-PREIS
  14. ^ 阪大最新ニュース「審良静男教授ノーベル賞候補に」 大阪大学、2008年10月3日
  15. ^ なぜ日本人は毎年連続でノーベル賞をとれないのか?ここまでわかった「知られざる受賞の法則」トリビア ダイヤモンド・オンライン、2013年11月11日
  16. ^ 大阪大の審良教授 ノーベル賞逃す 論文発表数カ月の差 中日新聞社、2011年10月4日

外部リンク[編集]