富塚清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

富塚 清(とみつか きよし、1893年11月3日 - 1988年3月9日)は、日本機械工学者。

経歴[編集]

千葉県生まれ。1917年、東京帝国大学工学部機械工学科卒業。航空研究所嘱託となった後、東京帝国大学助教授、航空研究所員を経て、1932年教授。1927年退官後、名誉教授になると共に、明治大学教授を1953年から10年以上に亘り務め、多くの技術者および研究者を育てた。日本の航空エンジン研究のパイオニアとして知られる。

科学啓蒙書も執筆しているが、降霊機械が登場するSF小説や精密誘導兵器などの超兵器で日本が第二次世界大戦に勝利するという筋書きの架空戦記も執筆している[1]

著書[編集]

  • 『(戯曲)神風の再発見』潮文閣 1944年 『科学技術の書』収録
  • 『三代の科学』 弘学社  1945年
  • 『2サイクル機関』 養賢堂 1966年

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

リンク[編集]

参考文献[編集]