宮崎雄行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮崎 雄行(みやざき ゆうこう、1926年3月13日 - 2006年12月14日)は、日本イギリス文学者詩人である。武蔵大学名誉教授

イギリス文学の研究・教育を進めるとともに、小川国夫らの雑誌『青銅時代』に参加しての創作活動を行う。

詩集に、『黄金の雨』(1975年)、『泉聲』(1983年)、『幻の塔』(1990年)、『海山の光』(1996年)がある。

年譜[編集]

  • 2006年12月 死去。享年80。

参考文献[編集]

  • 古稀記念文集刊行委員会編『われらが友 われらが師 宮崎雄行-古稀の記念に』、古稀記念文集刊行委員会、1996年3月。
  • 『武蔵大学人文学会雑誌』第23巻第2・3号 / 通巻第89・90号(宮崎雄行教授記念号)、武蔵大学人文学会、1992年2月。