実験動物中央研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公益財団法人実験動物中央研究所
正式名称 公益財団法人実験動物中央研究所
英語名称 Central Institute for Experimental Animals
略称 実中研、CIEA
所在地 日本の旗 日本
210-0821
神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-12
北緯35度32分24.1秒東経139度45分15.3秒座標: 北緯35度32分24.1秒 東経139度45分15.3秒
人数 所員70名、客員研究員50名
所長 秦順一
理事長 野村龍太
活動領域 実験動物の研究・開発
設立年月日 1952年5月
前身 実験動物研究会
設立者 野村達次
公式サイト http://www.ciea.or.jp/
テンプレートを表示

公益財団法人実験動物中央研究所(じっけんどうぶつちゅうおうけんきゅうじょ:Central Institute for Experimental Animals)は、日本の民間研究所で、略称は実中研(CIEA)。実験動物の研究・開発と品質管理により医学研究に貢献することを目的とする。

概要[編集]

1952年野村達次慶應義塾大学医学部卒、東京大学伝染病研究所研究員を歴任)により創立された。1962年、日本で初めてSPF動物の生産を開始した。1965年には動物生産部門として日本クレア株式会社(CLEA Japan, Inc.)を設立した。1979年、国際実験動物科学会議(International Council for Laboratory Animal Science:ICLAS)により実験動物品質管理のためのモニタリングセンターとして認められた。川崎市宮前区野川に存在していたが、2011年7月に川崎市川崎区の臨海部(キングスカイフロント)へ移転した。

現在は疾患モデル動物や医学研究用トランスジェニック動物の研究・開発を行っている。

外部リンク[編集]