官職の唐風改称

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

官職の唐風改称(かんしょくの とうふう かいしょう)とは、天平宝字2年(758年)当時の実力者藤原仲麻呂(恵美押勝)によって推進された、中央の官司名や職名を唐風に改称した政策である。

経緯[編集]

仲麻呂は光明皇太后の力を借りて朝廷を次第に掌握していった。仲麻呂は大陸の先進文化の導入に非常に意欲的だった。天平宝字2年(758年)に淳仁天皇が即位すると政治の全権を握り朝廷の唐風化を積極的に推進していった。これらは仲麻呂の敗死によってすべて旧制に戻されたものの、慣用的に唐名として後世に残ったものもある。

改称した官司・官職の一覧[編集]

官司[編集]

官職[編集]

その他[編集]

官職の唐風改称と関連して以下の事柄も唐風になった。

  • 仲麻呂は名を恵美押勝(えみ の おしかつ)と改姓改名。藤原恵美朝臣(氏)を創設した。
  • 淳仁天皇の父、舎人親王には唐風諡号崇道尽敬皇帝(すどうじんきょうこうてい)と追尊。
  • 天平勝宝7・8・9年は「年」ではなく「歳」と呼んだ。
  • この時期、藤原八束千尋兄弟 → 真楯御楯藤原弓取真先など、有力な官人の改名が相次いだ。

関連項目[編集]