安田芙充央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安田 芙充央(やすだ ふみお、Fumio Yasuda, 1953年 - )は、日本の作曲家ピアニストジャズピアニストである[1][2][3]

人物・来歴[編集]

1953年(昭和28年)、東京都に生まれる[1]国立音楽大学作曲学科卒業[2]。 クラシック、ジャズ、フリーインプロヴィゼーション、現代音楽の技法を用い、ピアノ曲、室内楽、オーケストラの作品を発表している[2][4][5]

2000年、「花曲」(Kakyoku)[6]をドイツのウィンター&ウィンター・レコーズ英語版より発表し、作曲家としてヨーロッパでデビューした[7][8]

2004年、ミュンヘン・オペラ・フェスティバル委嘱作品のオペラ「Der Kastanienball」の作編曲を担当し、ピアニストとして出演した[9][10]

2005年、スイスの音楽祭「Stanser Musiktage」で自身のピアノとバーゼル室内管弦楽団によりピアノ協奏曲「ピアノと弦楽オーケストラの為の架空映画」、テオドロ・アンゼロッティをソリストに迎えた「アコーディオン協奏曲」を初演した[11]

2006年からテオ・ブレックマン英語版と共演プロジェクトを開始した[12][13][14][15]

2013年、マルチメディア・インスタレーション「On The Path Of Death And Life」をニューヨーク、ミュンヘン、ボルドーにて上演した(Stefan Winter,akimuseと共演、写真映像:荒木経惟[16][17][18][19]

2014年、ウィーン楽友協会大ホール「Tonkünstler-Orchester Niederösterreich concert」の作編曲を担当、ピアニストとして出演した(ピアノ・作編曲:安田芙充央、ヴォーカル:テオ・ブレックマン英語版、指揮:ベルント・ルフドイツ語版ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団[13][20]

ソロピアニストとしての活動として、2001年、ヴェルディのオペラをピアノ・トランスクリプションしたCD「Im Zauber von Verdi」、2014年のオリジナル・ピアノ曲によるCD 「Fractured Silence」の録音がある[4][5][21][22][23]

1995年より写真家・荒木経惟の映像作品「Arakinema」の音楽を担当した[2][8][24][25]

ジャズピアニストとして高柳昌行と共演している[1][26]

主な作品[編集]

協奏曲[編集]

  • アコーディオン協奏曲 (2002-2004)
  • ピアノ協奏曲「ピアノと弦楽オーケストラの為の架空映画」 (2004)

管弦楽曲[編集]

  • In 1930(2001)
  • Love Scenes(2001)
  • Gig(2001)
  • In 1930(2001)
  • Tango for November(2002)
  • Death Sentiment I~V (2002)(オーケストラ・チェロ・サンプラー・音響・ピアノ)
  • Blue Ruins(アコーディオン・オーケストラ)(2002)
  • To the Mark of Dream(2002)
  • Last Requiem(2002)
  • Tango in Amesa (2003)
  • Rain Choral (2003)
  • Epitaph 1939 (2003)
  • A song of Lucrecia (2004)
  • Las Vegas Rhapsody (2006)
  • Suite Efua for Orchestra (2008)

室内楽曲[編集]

  • A Piece "Chord Progression of Bill Evans"(for Clarinet & Piano) (1994)
  • Things that are missing here(チェロ・ピアノ)(2001)
  • Tari(チェロ・弦楽四重奏)(2001)
  • Song for Nenna (for ViollonCello)(2002)
  • Fragment of Portrait(メロディカ・ピアノ)(2002)
  • Song of Lydia(チェロ・ピアノ)(2002)

ピアノ曲[編集]

  • Kakyoku(2002)
  • B flat Minor after Verdi(2002)
  • For Piano 全9曲(2005)
  • Fractured Silence 全21曲(1973 - 2013)

ディスコグラフィ[編集]

Allmusicを参照した一覧である[1]

アルバム[編集]

メイン[編集]

  • 『花曲 (Kakyoku)』(Winter and Winter, 2000年)
  • 『Charmed with Verdi』(Winter and Winter, 2001年)
  • 『Shumann's Bar・Music』(Winter and Winter, 2002年)
  • 『天の青 (Heavenly Blue)』(Winter and Winter, 2005年)
  • 『Der Kastanienball』(Winter and Winter, 2005年)
  • 『Las Vegas Rhapsody』(Winter and Winter, 2006年)
  • 『Berlin - Songs of love and war, peace and exile』(Winter and Winter, 2007年)
  • 『Schumann's Favored Bar Songs』(Winter and Winter, 2008年)
  • 『Mother Goose Melodies』(Winter and Winter, 2013年)
  • 『On The Path Of Death And Life』(Winter and Winter, 2013年)
  • 『Fractured Silence』(Winter and Winter, 2014年)

共作・ゲスト[編集]

  • 『Orient-Express』 (Winter and Winter, 2001年)
  • 『Metropolis Shanghai』 (Winter and Winter, 2005年)
  • 『断層 -dislocation-』高柳昌行(Guiter)(Jinya Disc, 2005年)

フィルモグラフィ[編集]

すべてクレジットは「音楽」である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Fumio Yasuda, Allmusic (英語)、2015年1月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Musician{2013], p.2-6.
  3. ^ Fumio Yasuda, インターネット・ムービー・データベース (英語)、2015年1月11日閲覧。
  4. ^ a b 適応行為としての翻案・編曲・演出 - 川上音二郎、安田芙充央、H. ツェンダー若林雅哉京都大学、2015年1月11日閲覧。
  5. ^ a b Andreas Obst (13 July 2000) Jetzt für immer : "Im Zauber von Verdi : Ein Hörfilm für Klavier und Phantasie" Frankfurter Allgemeine Zeitung Schallplatten und Phono Seite 50.
  6. ^ Kakyoku, ウィンター&ウィンター・レコーズ英語版、2015年1月11日閲覧。
  7. ^ Oliver Stenzel (18 September 2001) ”Musik,die Engel hören: Der japanische Pianist Fumio Yasuda und sein Beitrag zum Verdi-jahr” Kieler Nachrichten.
  8. ^ a b アエラ』2001年2月19日号。
  9. ^ Münchener[2004], p.133.
  10. ^ Bayerische Staatsoper, 2015年1月11日閲覧。
  11. ^ rueckblick-1994-2014, Stanser Musiktage, 2015年1月11日閲覧。
  12. ^ Has Wendl produktion, 2015年1月11日閲覧。
  13. ^ a b Musikverein Wien, 2015年1月11日閲覧。
  14. ^ Jazz Listings, ニューヨーク・タイムズ、2006年6月2日付、2015年1月11日閲覧。
  15. ^ Von Ulrich Olshausen (6 September 2013) "AUCH DAS NOCH " Frankfurter Allgemeine Zeitung Schallplatten und Phono Freitag Seite 50.
  16. ^ FUMIO YASUDA ET STEFAN WINTER «ON THE PATH OF DEATH AND LIFE», Lerocherdepalmer, 2015年1月11日閲覧。
  17. ^ Fumio Yasuda + itsnotyouitsme, Time Out NewYork, 2015年1月11日閲覧。
  18. ^ 2013年10月開催行事, 在ミュンヘン日本国総領事館、2015年1月11日閲覧。
  19. ^ Von Egbert Toll (31 October 2013) "Nach dem Paradies" Süddeutsche Zeitung Nr252 R8.
  20. ^ ウィーン日誌[2014]
  21. ^ Guido Fischer (12 August 2001) "Entrückt in die Vergangenheit" Hamburger Abendblatt.
  22. ^ Concerto: "Es ist ein fast durchgängiges, bedächtiges, ein staunendes, immer wieder umherschauendes Gehen durch Landschaften, in denen es viele Augenblick zu entdecken gilt." N° 5, 2014.
  23. ^ 2001年9月 Fono Forum9月号 、Gerhard Presché 、Ein Winter-Märchen zum Verdi-Jahr
  24. ^ 荒木[2001], p.256.
  25. ^ 2007年11月22日 11/22 トークサロン「それぞれのシネマ - 音楽篇」安田芙充央×リー・カンション東京フィルメックス、2015年1月11日閲覧。
  26. ^ 高柳昌行『断層 DISLOCATION』ライナーノーツ、2005年。

参考文献[編集]

  • 「衰えゆく美と新たなる生、音楽と写真の合作」 : 『アエラ』2001年2月19日号所収、朝日新聞社 、2001年2月19日発行
  • 『天才アラーキー 写真ノ方法』、荒木経惟集英社、2001年発行
  • Fono Forum9月号、2001年9月発行
  • Münchener Opern-Festspiele 26.6.-31.7. 2004
  • 『月刊 Musician』3月号、ミュージックトレード社、2013年3月
  • 「ウィーン日誌」 : 『月刊ウィーン』2月号所収、2014年2月1日発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]