安東大介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安東大介 Football pictogram.svg
名前
愛称 ダイ
カタカナ アンドウ ダイスケ
ラテン文字 Daisuke ANDO
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-07-18) 1991年7月18日(29歳)
出身地 静岡県
身長 183cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 TuSメヒタスハイムドイツ語版
ポジション FW
利き足 右足
ユース
2007-2010 藤枝明誠高等学校
2010-2014 愛知学院大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2016 FC アルミニア 03英語版 n (n)
2016-2017 SC ハウエンシュタインドイツ語版 n (n)
2017 FC アルミニア 03 n (n)
2017-2018 ヴォルマティア・ヴォルムス 29 (1)
2018 1. CfR プフォルツハイム英語版 11 (1)
2019 藤枝MYFC 6 (1)
2020- TuSメヒタスハイム英語版
1. 国内リーグ戦に限る。2020年2月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

安東 大介(あんどう だいすけ、1991年7月18日 - )は静岡県出身のサッカー選手。ポジションはFW

来歴[編集]

2009年、藤枝明誠高校3年時に第20回全日本ユースサッカー選手権に出場し、第一試合の星稜高校戦でゴールを挙げた。同大会が藤枝明誠高校サッカー部の全国大会初出場であり、記念すべき初ゴールとなった[1]。同年12月、高校サッカー選手権 静岡予選の決勝でU-18日本代表MF・風間宏希率いる清水商業高校を破り、高校サッカー選手権に初出場[2]。同大会の二回戦で常連校の国見高校を破るなどしてベスト8に進出した[3]

藤枝明誠高校卒業後、愛知学院大学へ進学。2013年、同大学8年ぶりのインカレとなる第62回インカレに出場。1回戦で第61回インカレ準優勝校の福岡大学と対戦。後半42分、決勝PKを獲得し、勝利に貢献した[4]

愛知学院大卒業後、渡独しドイツ5部ドイツ4部でプレー。

2018年12月28日、藤枝MYFCに移籍加入[5]

2020年2月、ドイツ5部のTuSメヒタスハイムドイツ語版へ移籍[6]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2015-16 FC アルミニア 03 オーバー -
2016-17 SC ハウエンシュタイン
FC アルミニア 03
2017-18 W・ヴォルムス 18 レギオナル 29 1 1 0 30 1
2018-19 1. CfR プフォルツハイム オーバー 11 1 - 11 1
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2019 藤枝 24 J3 6 1 - - 6 1
通算 ドイツ レギオナル 29 1 - 1 0 30 1
ドイツ オーバー -
日本 J3 6 1 - - 6 1
総通算

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高校MOM_64 藤枝明誠高FW安東大介(3年)_エースが復活の2発”. ゲキサカ (2009年9月7日). 2019年2月4日閲覧。
  2. ^ 高校選手権「弱いチームだからこそ打って出る」藤枝明誠が静岡の壁破り初V!”. ゲキサカ (2009年12月6日). 2019年2月4日閲覧。
  3. ^ J3藤枝にドイツ5部安東加入 藤枝明誠8強のFW”. 日刊スポーツ (2018年12月28日). 2019年2月4日閲覧。
  4. ^ MOM273 愛知学院大FW安東大介(4年)_福岡大DF陣との駆け引きを制し、決勝PKを奪取”. ゲキサカ (2013年12月15日). 2019年2月4日閲覧。
  5. ^ “安東大介選手 新加入のお知らせ” (プレスリリース), 藤枝MYFC, (2018年12月28日), http://myfc.co.jp/news/20181228/27104/ 2019年2月4日閲覧。 
  6. ^ “安東大介選手 移籍先決定のお知らせ” (プレスリリース), 藤枝MYFC, (2020年2月1日), http://myfc.co.jp/news/20200201/1107389/ 2020年2月7日閲覧。 

外部リンク[編集]